2009年11月9日(月)

日本から戻ってきたけど、週末をはさんでNYにやってきた。

United Airlineでの旅です。

機内放送 「まもなくNYに着きます。PCや電話、音楽Playerとか、すべて電源を切ってください。」

多くの客が、到着前にパソコンなどを片付ける。

到着後、又機内アナウンス 「着きましたが、ちゃんと止まるまで、シートベルトはつけたままで。電話もだめですよ」

この放送の終わる前に、ほとんどの人が電話をつけて、留守番メッセージを聞き始めたり、電話を始める。

これで、いいのかなぁ?と思いながら、僕もiPhoneの電源を入れた。

後ろからCAがやってきた。
注意されるのかと、ちょっとどきどきして、言い訳を考える。

でも、CAの僕への言葉は、「新しくiPhoneを買ったんだけど、どうやって留守電聞くの?」って。

教えてあげたら、何事もないように、Thank you!って。

それから5分ほどして、飛行機は無事ゲートに到着した。

これを、フレキシビリティーって呼ぶのか?いや、単にいい加減なだけでしょ・・・
[PR]
# by hiro.b-bridge | 2009-11-09 23:52 | アメリカ
2009年11月1日(日)

海でのヨットクルーズやクルザーに乗せてもらった事はあったけど、淡水湖でのヨットに乗せてもらったのは初めて・・・。という経験をさせてもらってきました。

まずは、ヨットがでかい!43.3Feetの琵琶湖では1-2を争うでっかいボート。フランス製の優れもので、まずは大いに感動。
d0023796_226959.jpg

オーナーの方が、又素敵な方で、男の趣味について色々と話を伺って、自分もいつかはきっとそんな風にすごしてみたいと、又モチベーションが上がったぞ!

やっぱり、いろんな人にめぐり合って、人の考えを聞いて、その人たちの考えを自分の中で理解すると、ちょっと成長した気分になるよな~

いやぁ、コトラ君、誘ってくれてありがとう。
先生、本当にありがとうございました。 MRの皆さん、次回もよろしくお願いしますね。
d0023796_222149100.jpg

[PR]
# by hiro.b-bridge | 2009-11-01 22:02 | 私生活
2009年10月28日(水)

最近、2週間おきに日本に来ている感があるけど、ちょっとした事で機内の過ごし方を間違うとその後の3日間に影響を及ぼしてしまう。前の日遅いと、飛行機に乗った瞬間に寝入ってしまって、そのまま、ご飯を飛ばして寝てればいいのに、今日は変に起きて、全部タイミングを少しずつずらしてしまって、ついでに仕事モードの時間が長かったんで・・・・

目覚ましテレビの前の番組?から見てます。朝方というか夜中の3時半頃にテレビは、TVショッピングばっかりで、Marketingの勉強になるよね・・・思わず買ってしまいそうに・・・っていうか、買ってしまった・・・。

で、あとは朝の繰り返しやっているNewsを見てるわけですよ。

阪神の城島が誕生したとの事。嬉しいような、不安なような・・・

城島は、本当に活躍できるのか?

去年育った狩野はどんな気持ちだろうか?

矢野は、すっごくショックだろうなぁ?

4年で20億もらうと、金本はどう考えるのか?

背番号2番を奪われる柴田耕平はいくらかもらったのかなぁ?

矢野や狩野と組んできたピッチャーは何を考えているのか?

王さんもどう思っているのか?

なーんて、こんな事考えてたら、メンタルの強さがないと生きていくのも大変なんだろうなぁと・・・

僕は、別に阪神の選手と面識があるわけでもなんでもないのに・・・

それより、アッチソンの退団のほうが心配。

しかし、城島ってなんか漁師さんみたいな顔やんなぁ・・・
[PR]
# by hiro.b-bridge | 2009-10-28 06:36 | ひとり言
2009年10月18日(日)

この地域には、日本語の補習校が2箇所あって、San Francisco校とSan Jose校がある。この学校が設立されてなんと40年ということで、40周年イベントが開かれた。

嫁さんが、色んな企画担当をやっていたので、地味なプラカード書き程度の手伝いは出来たけど、実際は本番に参加しただけの身でした。

でも、友人たちと走り抜けた10人11脚は、最高に楽しかったっす。TVの30人31脚に因んで、10人で足をそれぞれ縛り付けて走る競技だが、思った以上に難しく、でも思った以上に早く走れた。我々は22組の参加中、見事決勝に残るなど、子供以上に盛り上がっていたかも・・・

d0023796_16581010.jpg場所は、San Jose Giants球場 San Francisco Giantsの2Aチームの球場。4,000人収容の電光掲示板が素敵な野球場でした。なんとなくのりで「お受けします」と言った「国家斉唱」をアカペラで、1,400人の前で歌ってきましたが、いやぁ、気持ちよかった・・・。

球場で君が代歌えるのは、何か幸せでした。

それにしても、最後に飛行機から人文字写真撮影なんかもあって、準備された方々、本当にご苦労さんでした。
因みに長男が入学したとき30周年だったのに・・・
[PR]
# by hiro.b-bridge | 2009-10-18 23:36 | 私生活
2009年10月12日(月)

毎年このシーズンになると楽しみにしているのが、長男の所属するマーチンバンドの演奏会。今年は、長男は高校の最終学年(アメリカでは高校4年生、いわゆる12年生)なんで、結構気合が入っているみたい。

それと、去年までとのもう一つ大きな違いは、今年から同じ高校に入った次男もこのバンドに参加して、トランペットを演奏してることかな・・・

サックスのお兄ちゃんは、今年もちょっと目立つ立ち位置で、ハラハラドキドキの親ばかです。

ということで、先週の土曜日の様子がこれ↓

7分ほどしたところで、前に並んで目立つサックス吹いているのが、長男君!クリスマスまでの親の追っかけが始まるわけですよ。
[PR]
# by hiro.b-bridge | 2009-10-13 18:09 | 私生活
2009年10月7日(水)

うちの会社で、さまざまな技術や発明をサイトで紹介して、世界の人に色んな新しい特許技術を紹介しているサイトの運営を行っている。

サイトは、こちら

スペインの会社と提携して、その発表を新聞各社から発表したら、英語でのコメントが、なんとスペイン語やドイツ語で訳されて紹介された。

文章の中に、僕の言葉もあるのだが、自分が言っている言葉がスペイン語になんかなると、なんだかおかしくて・・・。実際、書かれている内容が分からんから、本当に僕の言葉なのかも???

まぁ、興味ある人には見て欲しいかな・・・

こっちが、スペイン語

こっちは、ドイツ語

イタリア語の発表もあるみたい。楽しみ~。
[PR]
# by hiro.b-bridge | 2009-10-07 20:34 | 仕事
2009年10月6日(月)

気づいたら、随分と長い間このblogをみる事も、書き込む事もなく時間が過ぎましたねぇ。というのも、日本出張で、今日まで留守にしてました。

色んな事があって、何をUpdateするべきか悩むところだけど、まぁ、多くの勉強をする事ができる旅でした。出会いも多く、またネットワークも広がりました。

東京ゲームショーでは、NeuroSkyの販売が始まり、すごくたくさんの方々から問い合わせをもらっています。なにせ、脳波だけで、ゲームの中のものを動かせるなんて、すごいでしょ。この技術は、さまざまなアプリケーションも考えられるので、音楽や映像、医療や介護、家電に安全、教育にスポーツなどなど・・・

僕たちも、続々とApplicationを開発していくんで、乞ご期待!

書きたい事はいっぱいあるけど、こんな時は、くだらん話を・・・
(九絵家の親父からの請負ですが)

昔、ハワイからやってきた相撲取りは、日本の国技である相撲を重んじて、特に横綱は真摯に日本道を学んだそうだ。ところが、モンゴルからやってきた力士には、どうにもこの仁義や礼儀が伝わらないという。

何でだか分かるか?と聞かれた・・・・・

一生懸命考えたのだが、答えは・・・・









モンゴル人は、




ジンギスカン




仁義好かん!


さて、溜まったメールを読むぞ!仕事しよっと。
[PR]
# by hiro.b-bridge | 2009-10-06 12:17 | くだらん話
2009年9月27日(日)

日本にやってきています。
今回は、NeuroSkyの代理店になったこともあり、幕張で開かれた東京ゲームショーのブースでお手伝いもしてきました。まぁ、その辺の詳しい話はまた改めて・・・

来る時の飛行機のの中で「スッキリ!」って本を読みました。普通じゃ、この手の本は買わないんだけど、ちょうど出張に出かける前に、子供の補習校で古本市があって、50セントで売ってたので買ってみました。

ところが、意外と面白くって・・・d0023796_2133226.jpg

とにかく、色々と余分なものをそぎ落として、精神的にも、見た目にもさっぱりさせようっと言うものです。

たとえば、

いつもやっている事の順番を変えてみる。

財布を整理してみる。

できない約束はしない。

とか・・・

何かそれぞれ関係ないように思えるけど、まぁ、全部を通して読むと、「自分の余分なもの」が本当に一杯あることに気づかされたかな。まぁ、贅肉が一番おおいので、それを先にそぎ落とさなければならんのやろけどね。

気持ちの整理には、非常に参考になる本でした・・・
[PR]
# by hiro.b-bridge | 2009-09-27 23:52 | ひとり言
2009年9月19日(土)

9月3日からインターン4人がやってきていて、一人はちょっと早めに帰ったけど、昨日まで2週間ちょっとの間うちの会社で過ごしていった。今年の4月からe-learningを使っての同志社向け授業を担当したわけだが、その中から4人が自発的に、勿論旅費や宿泊費は自費でやってきた。d0023796_15543485.jpg

どうして、僕がこのようなインターンを受け入れるかというと、少しでも若い人に「海外で働くこと」や「社会に出る前に何をすべきか」を伝えたくて、よくインターンを受け入れている。そもそも自分も会社に入って上司に色々とOJTで教わったことが今につながっている。それを後輩に伝えるのは僕の使命なんだと勝手に思っている。

スタッフや関係者によっては、「社長の道楽」と思えるかもしれないけど、若い人と接して、自分も学ぶことはたくさんあるので、彼らと過ごす時間は非常に楽しいものとなった。雑務をこなしてくれたので、仕事的にも僕は結構助かった・・・かな・・・(?)

21歳、22歳の学生だが、何よりも素直で、学ぼうとする姿勢が出来ているので、教えるほうもやりがいがある。昨日の晩残った3人が帰国したときは、子供が離れていくようで、寂しい気持ちで一杯だった。まぁ、こんなインターンとの別れも初めてかなぁ???
d0023796_15552385.jpg
最後の彼らが残してくれた感想文に、(勝手に抜粋するが・・・)

「作業を通して、PCスキルやプレゼンの作り方という意味ばかりでなく、実際に朝の定時に出社し、まず会社に着くとその日のスケジュールを細かく確認し、そのスケジュールに沿って動くという習慣や、「相手が一体何を求めているのか」「相手が一番ほしい上情報はどういうもので、どうしてこういう課題を与えられたのか」ということを何度も考えることがあり、これはきっとこの先私が社会に出て実際に働くときにも必要なものであり、そういう意味でも学びは多くありました。このインターンに限らないと思いますが、人から聞いたり書物を読んだり…という間接的な方法ではなく、実際にその空気の中にいながら体験することで、意図した以外のところから体得したものが何より価値あるものだと思います。 そして、インターンの仕事だけでなく、この初めての土地で体験したことすべてが新鮮で、生活するということだけでも勉強になりました。

とても充実した有意義な2週間でした。本当にプライスレスでした!!」

「頭だけで考えるより別の意味で頭を使って駆け引きして、話をして動くことがやっぱり自分に合ってるとだなと思えました。HiroさんやHiroさんの友達、会社の人々に出会って何か生き生きしてますよね。
やっぱりみんな自分のスキルを売り込んで働いてるからこそ働けるのかなと思えます。今回ここに来たからこそ自分の道が明確になったんじゃないかなと思います。ここに来てなかったら途中でくじけて大学院に逃げ出してた気がするし、今まで漠然と「海外に住みたいなぁ」と思っていた事が「絶対に住みたい!!働きたい!!」に変わるきっかけになりました。すぐにこっちでは働けないし、まだまだ日本でも知らない文化とかあるので、こっちに来るのはまだ早いかもしれません、日本を知らずして海外に行くのはどうかと思うししばらくは日本で勉強ですね。」

「今回のB-Bridgeのインターンでは、いろいろな人と関わる機会を与えてもらうことによって、体験することができたので、とても参考になりました。Hiroさんがどれほどビジネスにおいて人間関係を重要視しているのかをひしひしと感じました。宿に帰ったあと、その日にHiroさんが教えてくれたことで一番こころに残ったことを、自分のノートにメモして過ごしました。今となっては、このノートは何にも変えがたい自分の教科書になりました。
 
カッコイイ生き方、人生の楽しみ方のヒントを教えてくれる大人が身近にいる、そういう人たちに出会えるインターンはどこを探してもたぶんないです。最高でした。本当にありがとうございました。」
d0023796_15555094.jpg


こういう言葉もらうと、嬉しいなぁ。あ、それと、彼らに付き合ってくれたコヒロ、丑寅メンバー、ハムちゃん、DSVNの人たち、昌代先生、そしてスタッフのみんなもありがとう。
[PR]
# by hiro.b-bridge | 2009-09-19 23:22 | 出会い
2009年9月18日(金)

今日は年に1-2度しかない嬉しいような辛いような日。何がって?

出荷の全く無い日なんですよ。通常、ドライアイスを使ったり、アイスノンの様な冷媒を一緒に入れて温度をコントロールして出荷するものが多いので、アメリカ国内での出荷は、金曜日には普通はしません。

日本やヨーロッパへの出荷は行うけど、来週が日本では長い連休なんで、ほとんどのお客さんはCloseとなり、それによって出荷も無い。

すなわち、Opoerationのみんなはゆっくり一息をつける日なわけです。一方で出荷が無いということは売り上げ計上の無い日ということでもあり、寂しい日でもあるわけです。

でも、こんなめったに無い日をどう過ごすかというと・・・。
d0023796_15193373.jpg

d0023796_1520338.jpg
昼間からLunchをアメリカのスタッフ全員で食べて、アルコールも入り、スタッフ間の交流を高める日となるわけです。普段、プライベートなことなどあまり話す機会のない、又日本と違って会社終わりに飲みに行くってこともほとんど無いアメリカ会社生活ですから、こんな交流の日も大切ですよね。しかも、意図的に会議室とかで集まるのではなくて、みんなのDeskの横で飲むというなんか変な企画なんですよね・・・この狭い感が、僕は好きで・・・。

毎日こんな日だと困るけど、職場で昼から飲むってのも、たまにはいいっすよね!
[PR]
# by hiro.b-bridge | 2009-09-18 23:50 | 仕事