<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2009年9月27日(日)

日本にやってきています。
今回は、NeuroSkyの代理店になったこともあり、幕張で開かれた東京ゲームショーのブースでお手伝いもしてきました。まぁ、その辺の詳しい話はまた改めて・・・

来る時の飛行機のの中で「スッキリ!」って本を読みました。普通じゃ、この手の本は買わないんだけど、ちょうど出張に出かける前に、子供の補習校で古本市があって、50セントで売ってたので買ってみました。

ところが、意外と面白くって・・・d0023796_2133226.jpg

とにかく、色々と余分なものをそぎ落として、精神的にも、見た目にもさっぱりさせようっと言うものです。

たとえば、

いつもやっている事の順番を変えてみる。

財布を整理してみる。

できない約束はしない。

とか・・・

何かそれぞれ関係ないように思えるけど、まぁ、全部を通して読むと、「自分の余分なもの」が本当に一杯あることに気づかされたかな。まぁ、贅肉が一番おおいので、それを先にそぎ落とさなければならんのやろけどね。

気持ちの整理には、非常に参考になる本でした・・・
[PR]
by hiro.b-bridge | 2009-09-27 23:52 | ひとり言
2009年9月19日(土)

9月3日からインターン4人がやってきていて、一人はちょっと早めに帰ったけど、昨日まで2週間ちょっとの間うちの会社で過ごしていった。今年の4月からe-learningを使っての同志社向け授業を担当したわけだが、その中から4人が自発的に、勿論旅費や宿泊費は自費でやってきた。d0023796_15543485.jpg

どうして、僕がこのようなインターンを受け入れるかというと、少しでも若い人に「海外で働くこと」や「社会に出る前に何をすべきか」を伝えたくて、よくインターンを受け入れている。そもそも自分も会社に入って上司に色々とOJTで教わったことが今につながっている。それを後輩に伝えるのは僕の使命なんだと勝手に思っている。

スタッフや関係者によっては、「社長の道楽」と思えるかもしれないけど、若い人と接して、自分も学ぶことはたくさんあるので、彼らと過ごす時間は非常に楽しいものとなった。雑務をこなしてくれたので、仕事的にも僕は結構助かった・・・かな・・・(?)

21歳、22歳の学生だが、何よりも素直で、学ぼうとする姿勢が出来ているので、教えるほうもやりがいがある。昨日の晩残った3人が帰国したときは、子供が離れていくようで、寂しい気持ちで一杯だった。まぁ、こんなインターンとの別れも初めてかなぁ???
d0023796_15552385.jpg
最後の彼らが残してくれた感想文に、(勝手に抜粋するが・・・)

「作業を通して、PCスキルやプレゼンの作り方という意味ばかりでなく、実際に朝の定時に出社し、まず会社に着くとその日のスケジュールを細かく確認し、そのスケジュールに沿って動くという習慣や、「相手が一体何を求めているのか」「相手が一番ほしい上情報はどういうもので、どうしてこういう課題を与えられたのか」ということを何度も考えることがあり、これはきっとこの先私が社会に出て実際に働くときにも必要なものであり、そういう意味でも学びは多くありました。このインターンに限らないと思いますが、人から聞いたり書物を読んだり…という間接的な方法ではなく、実際にその空気の中にいながら体験することで、意図した以外のところから体得したものが何より価値あるものだと思います。 そして、インターンの仕事だけでなく、この初めての土地で体験したことすべてが新鮮で、生活するということだけでも勉強になりました。

とても充実した有意義な2週間でした。本当にプライスレスでした!!」

「頭だけで考えるより別の意味で頭を使って駆け引きして、話をして動くことがやっぱり自分に合ってるとだなと思えました。HiroさんやHiroさんの友達、会社の人々に出会って何か生き生きしてますよね。
やっぱりみんな自分のスキルを売り込んで働いてるからこそ働けるのかなと思えます。今回ここに来たからこそ自分の道が明確になったんじゃないかなと思います。ここに来てなかったら途中でくじけて大学院に逃げ出してた気がするし、今まで漠然と「海外に住みたいなぁ」と思っていた事が「絶対に住みたい!!働きたい!!」に変わるきっかけになりました。すぐにこっちでは働けないし、まだまだ日本でも知らない文化とかあるので、こっちに来るのはまだ早いかもしれません、日本を知らずして海外に行くのはどうかと思うししばらくは日本で勉強ですね。」

「今回のB-Bridgeのインターンでは、いろいろな人と関わる機会を与えてもらうことによって、体験することができたので、とても参考になりました。Hiroさんがどれほどビジネスにおいて人間関係を重要視しているのかをひしひしと感じました。宿に帰ったあと、その日にHiroさんが教えてくれたことで一番こころに残ったことを、自分のノートにメモして過ごしました。今となっては、このノートは何にも変えがたい自分の教科書になりました。
 
カッコイイ生き方、人生の楽しみ方のヒントを教えてくれる大人が身近にいる、そういう人たちに出会えるインターンはどこを探してもたぶんないです。最高でした。本当にありがとうございました。」
d0023796_15555094.jpg


こういう言葉もらうと、嬉しいなぁ。あ、それと、彼らに付き合ってくれたコヒロ、丑寅メンバー、ハムちゃん、DSVNの人たち、昌代先生、そしてスタッフのみんなもありがとう。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2009-09-19 23:22 | 出会い
2009年9月18日(金)

今日は年に1-2度しかない嬉しいような辛いような日。何がって?

出荷の全く無い日なんですよ。通常、ドライアイスを使ったり、アイスノンの様な冷媒を一緒に入れて温度をコントロールして出荷するものが多いので、アメリカ国内での出荷は、金曜日には普通はしません。

日本やヨーロッパへの出荷は行うけど、来週が日本では長い連休なんで、ほとんどのお客さんはCloseとなり、それによって出荷も無い。

すなわち、Opoerationのみんなはゆっくり一息をつける日なわけです。一方で出荷が無いということは売り上げ計上の無い日ということでもあり、寂しい日でもあるわけです。

でも、こんなめったに無い日をどう過ごすかというと・・・。
d0023796_15193373.jpg

d0023796_1520338.jpg
昼間からLunchをアメリカのスタッフ全員で食べて、アルコールも入り、スタッフ間の交流を高める日となるわけです。普段、プライベートなことなどあまり話す機会のない、又日本と違って会社終わりに飲みに行くってこともほとんど無いアメリカ会社生活ですから、こんな交流の日も大切ですよね。しかも、意図的に会議室とかで集まるのではなくて、みんなのDeskの横で飲むというなんか変な企画なんですよね・・・この狭い感が、僕は好きで・・・。

毎日こんな日だと困るけど、職場で昼から飲むってのも、たまにはいいっすよね!
[PR]
by hiro.b-bridge | 2009-09-18 23:50 | 仕事
2009年9月17日(木)

朝から今日はSan JoseのDowntownに向かいました。というのも、長らく一緒に色々とやってきた会社の一つであるNeuroSkyと晴れて正式に代理店契約を結びました。その時の写真が↓

d0023796_14365736.jpg


今までNeuroSkyのAdvisorとしてのポジションだったけど、正式に初めての製品が10月から日本で販売になるのを機に代理店契約を結びました。何せ彼らの技術は、簡単にしかも安く脳波を図るセンサーを開発しており、色んなApplicationの開発が期待できるというわけ。

最初は、僕らの分野とは直接関係の無い分野で、ゲームやおもちゃでの開発が進んでいるが、脳波の研究者へのツールとしても使える、医療や介護にも使えるのは間違いなし。

今あるゲームは、脳波でゲームを体験できるもの。画面上の物体を持ち上げたり、浮かしたり、又は音を変えたり、画面を変えたり・・・。

これは、めちゃくちゃはまります。

間違いなく、この数年でブレークすると思われるので、皆さんも要チェック!!


こんなおもちゃ、面白いでしょ!
[PR]
by hiro.b-bridge | 2009-09-17 14:33 | 仕事
2009年9月10日(木)

日本に行くと、いつも寿司が無性に食べたくなる時がある。
そしたら、お付き合い先の友達が、「寿司行こう」と誘ってくれた。

こんなすし屋と友達がアメリカに欲しいなぁと・・・

d0023796_1454094.jpg

[PR]
by hiro.b-bridge | 2009-09-10 01:43 | 出張
2009年9月9日(水)

いやぁ、先週末日本から戻ってきたのに、あっという間に日が過ぎて、久しぶりに自分のBlogを開けた。
この週末から、来客とインターンの学生君の来米で、色んな刺激を受けながら過ごしてます。

日本では北海道に何日か行って、NeuroSkyの脳波センサーで牛の脳波を図って、動物のストレス度合いを見てみようなんて話もあり、面白そうな事が起こりそうです。

そういえば、札幌の夜の事、ホテルからタクシーに乗って食事の待ち合わせに行こうと思ってタクシーに乗ったら、「お客さん、よく来られますか?」とか「どちらから来られましたか?」なんて親しげに話をしてくるタクシーの運転手だった。少し話をしていたら、「今夜の予定はどうだ?」との・・・・

何か変だと思ったら、いかがわしいお店に来ないかみたいなお誘いでした。北海道では大手のタクシー会社でIDも付けて走っているのに、平気でそんな勧誘をしてくる・・・

こんな経験、過去に韓国や台湾ではあったけど、日本でもそんな事が行われていたとは、ちょっとカルチャーショックでした。

「で、ついて行ったでしょう?」とこの話をすると聞かれるけど、でっかい図体で強持ての僕でも、さすがにそんなところには行けませんでしたよ。

どこへ連れて行かれるのか、興味はあったんだけど・・・
[PR]
by hiro.b-bridge | 2009-09-09 20:30 | 出張