<   2009年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2009年1月31日(土)

もう、1ヶ月が終わってしまった。本当に早いものである。

最近健康を気にしている僕は、自転車通勤の次にちょっと続けてみようかと思っているのが、このピラティス。

そもそも、ピラティスって言葉も良く分かっていなかったけど、何でも普段使っていないコアな筋肉を鍛えることから初めて、ダイエットや腰痛にも効くというので・・・。

d0023796_177591.jpgでも、一人じゃなかなか始めれないので、ピラティスの本も書いている友人の齋藤佳子ちゃんに色々と教えてもらった。彼女は、元々49ersのチアダンサーという肩書きをもつだけあって、とにかく背筋がピシッと伸びて、かっこいい立ち方、素敵なスタイル。生まれて一度もあんなスタイルになったことがない僕が、せめて立ち方くらいはまねしたいと思い・・・

さて、どこまで続くやら・・・の第2弾。
嫁さんも友人ののりちゃんも頑張ってました。

みんなで楽しく、いい汗かこうでぇー

d0023796_1783011.jpg

[PR]
by hiro.b-bridge | 2009-01-31 23:59 | 私生活
2009年1月30日(金)

経済SocietyとSVJENの合同新年会をPalo Alto Hills Golf Clubで開催した。去年はそういえば大雨で、人の集まりも悪かったけど、今年は天候も良かったせいか300人以上の方々に来てもらうことが出来た。

SVJENでは、今までとは少し嗜好を変えて、起業家の会というよりは、起業に興味を持つ人や、起業家の周りでサポートする人をも対象に、何か一緒に出来ることを願っています。

ネタはあるけど、どうしていいか分からない人や、自分ひとりでは起業とまでは行かないけど、誰かパートナーを探して起業したいとか、起業している人のアシスタントで愚痴を言い合ったり(?)みんなで夢を追いながら、和気藹々な場を持ちたいと思っています。

皆さん、いつでも気軽に参加してくださいね。次の集まりを決めたら、早速SVJENのサイトで連絡しますから・・・

SVJENのサイト
[PR]
by hiro.b-bridge | 2009-01-30 23:50 | SV生活
2009年1月29日(木)

昨日から、自転車通勤を始めてます。たった2日ですが、片道8.5Kmほどを30分で走ると、日頃運動不測の僕には、なかなか答えます。

でも、自転車の眺めは、車からの眺めとは全く違って、毎日通っていた道で、新たな発見ができて、なかなか楽しいもんです。

無理せず、出来るだけ続けようかと・・・

以前、スタッフと約束をして、僕が痩せたらボーナス支給という企画をしたけど、まだそれでボーナスをもらったスタッフはいない・・・この経済情勢で、ボーナスもらえるように、僕は走りまっせ。

まさに、身体で払う!!肉はいらんか・・・
[PR]
by hiro.b-bridge | 2009-01-29 17:43 | 私生活
2009年1月25日(日)

d0023796_184980.jpg誕生祝を自分で買った。お金ではなかなか買えないものは何か、それは「健康」。最近年齢と共に、そんな言葉をよく口にするようになった。

趣味のDiet(続かない)の一環でもあると思って、自分に健康を送るつもりで、自転車を買った。アメリカに来て、何度か自転車を買ったが、初めて自転車屋さんでちょっといい自転車を買ってみた。これで、週に3回は通勤しようと・・・健康のために。

嫁さんは、2回も続かないと堅く信じている(?)まぁ、僕も全く自信はないが、このBlogを書き始めた時も、3回で終わると思っていたBlogが3年以上も続いているので、可能性は少しはあるかと・・・

さて、自分でどこまで健康管理ができるやら・・・まぁ、お楽しみに。

しかし、僕は世界で一番自転車のヘルメットが似合わん男のようなので・・・・
通勤姿を見て、皆さん笑わんように。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2009-01-25 23:00 | 私生活
2009年1月24日(土)

d0023796_17571693.jpg昨日、会社に花束が届いた。え、何でと思ったら僕の誕生日だった。47歳、ええおっさんである。でも、夜中の12時に外にいた僕の携帯に電話を掛けてきてくれた。「お父さんおめでとう」と嬉しいものである。

実家からも電話をもらった。

昼間、子供たちが日本語補習校で留守のときに、娘の友達から電話がかかってきていた。メッセージを後で聞くと、「I would like to say Happy Birthday to your Dad」というやさしいものだった。

夕方、次男の友達の女の子から、携帯にテキストで「Happy Birthday」とコメントをもらった。

夜、友人家族が来てくれた。そんでもって、その小6の息子が生まれて初めてケーキを焼いたと言って持ってきてくれた。これが、またすごく美味しかった。

みんな、優しい言葉をありがとう。子供人気か???と思い、なんだか嬉しい誕生日だった。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2009-01-24 23:48 | 私生活
2009年1月22日(木)

昨日のBlogはせっかく真面目に会社のSloganなんてのを書いてたのに、又本来の僕のキャラであるトイレネタに変更です。

と言うのも(?)、知人やスタッフと食事に言って何故か男性が小用をたす時に、便座に座ってするという話がでた。

男子たるもの、便座を上げて、的を絞って、でも便器に近づいて、勢いよく用をたす。これがおtこのトイレと思っていたけど、慶應Boy出身の彼は、用をたすとき、必ず飛散するので、掃除の事を考えたら、家では必ず座って行うとの事。何故かこれに対して女性スタッフは、「それこそ男子!」とわけの分からんコメントを。

確かに飛散はするであろう。男性の尿道はねじれているからか、勢いよく出る時は尿は180度回転して放出されるのである。

何だか納得のいかない話だが、確かにトイレにこんな絵を張って、子供や旦那を教育している奥さんもいた。
d0023796_17342118.jpg

天下のたちションの時代は終わりつつあるのか・・・・
[PR]
by hiro.b-bridge | 2009-01-22 23:22 | くだらん話
2009年1月21日(水)

d0023796_173154.jpg今日は、年初めのKick Off Meetingを開いた。社員全員(アメリカのスタッフだけだけど)で昼間集まって、Lunchを食べて、今年1年の目標や去年の結果を話す会である。

不況の世の中で、とにかく気持ちを入れ替える事が大切だと思うし、不景気な時こそ、ビジネスの基本に戻る必要があると考える。

会社を興したときのChallenge Spiritを又燃やし、新たなことに挑戦するだけでない、自分や仕事の進め方の見直しをする。これすなわち、Changeである。その2つのCを実施する事によって、数字にこだわって会社にCotributeする。3C運動の推進である。

こんなスローガンも古臭いかもしれないけど、基本に戻る大切さを重んじたい。

遅ればせながら、ビジネス・パートナーの皆さん、よろしくお願いします。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2009-01-21 23:55 | 仕事
アメリカの離婚率アップは不景気のせい!? | Excite エキサイト
[PR]
by hiro.b-bridge | 2009-01-14 08:15 | アメリカ
2009年1月13日(火)

アメリカの離婚率は、不景気と共に高くなっていると↑の記事で読んだ。

朝会社に向かう時に、ラジオを聴いていたら、離婚カップルの奥さんが、離婚をする際に以前旦那さんに「移植した腎臓を返せ」と言っているらしい。

腎臓を移植したから、旦那の命を救う事が出来た。もし返せないなら、慰謝料として1.5億円出せといっているらしい。

慰謝料請求は、その時の医者料となるとは・・・

怖い、怖い・・・。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2009-01-13 08:27 | アメリカ
2009年1月12日(月)

誰しもがご存知の通り、アメリカの正式な挨拶の仕方は、握手をすることである。

Hello, How are you?/Nice to meet you.といって、握手をする。

よく戸惑う光景を見るのが、日本の風習である名刺交換の儀式。日本ではまずこれを重んじる。というのも、握手をするかわりのようなものだから。日本人の人と、アメリカ人が初めて会う時にこの握手と名刺交換をどの順番に行なうかで悩んでしまう人も少なくない。握手を差し出すアメリカ人の手に名刺を渡す日本人を見たことがある。

まぁ、慣れれば握手を交わし、名刺を渡すという流れで行なえば良いということがわかるのだろうが・・・。

実は、これに加えて抱き合う(ハグする)という挨拶が加わってくると、もっとややこしくなる。ヨーロッパ人は挨拶にハグをすることが多い。従って、面識のあるヨーロッパ人とアメリカ人の間に初めての日本人が入ると、何をどうして良いか分からないで、How do you do?といってアメリカ人を抱きつく日本人おっさんを見ることがあった。これもどうかと思う・・・

さすがに、僕はInternationalな経験を20年位はやっているので、この辺のとっさの切り替えは随分上手くなってきたと思われる。

しかし・・・

新年明けた今日、会社のトイレであるアメリカ人と久しぶりに会った。当然握手をするのだが、何せこちらは用を終えたところ。向こうはトイレに入ってきたばかりのところ。

一瞬手を出したお互いが、気まずい雰囲気でそれぞれ手を引っ込めた。

確かに、チャックを上げた瞬間の人とは握手したくないよね。勿論ハグも嫌かな・・・。

ちょっと、恥ずかしい一瞬であった。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2009-01-12 01:13 | アメリカ