<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

10月30日(木)

新聞の切り抜きですが、なんとも涙なくしては読めなかった記事なんで。

安心して産める社会に=「誰も責める気ない」-死亡妊婦の夫が会見
10月27日21時13分配信 時事通信

 東京都内で8つの病院に救急搬送を断られた妊婦(36)が脳内出血で死亡した問題で、夫の会社員男性(36)が27日夜、厚生労働省で記者会見し、「妻が浮き彫りにしてくれた問題を、力を合わせて改善してほしい。安心して赤ちゃんを産める社会になることを願っている」と訴えた。
 夫によると、妊婦特有の高血圧もなく健康だった妻の容体が変わったのは4日夕。掛かり付けの産科医院に着くころには頭痛が激しくなり、医師が搬送先を探している間中「痛い痛い」と言い続けていた。「こんなに医療が発展している東京でどうして受け入れてもらえないのか、やりきれない思いだった」。
 約1時間後、都立墨東病院での受け入れが決定。救急車では「痛い」とも言わなくなり、「目を開けろ」と言ったら辛うじて開ける状態。「病院に着くころにはもう開けなかった」と振り返り、声を詰まらせた。
 搬送要請で、医師は頭痛が尋常でない状況を伝えていたといい、「伝わらないはずがないと思うが、誰も責める気はない」と夫。最初に断った同病院の当直医について「傷ついて辞めるようなことになったら意味がない。絶対辞めないでほしい」と話した。
 さらに脳死状態で3日間を過ごした妻が亡くなる日、保育器に入ったままの赤ちゃんを連れてきて妻の腕に抱かせてくれて、親子水入らずの短い時を過ごしたエピソードを披露。「墨東病院の医師も看護師も本当に良くしてくれた。彼らが傷つかないようにしてほしい」とした。
 夫は、医師不足や搬送システムなど浮き彫りになった問題について「のど元過ぎれば忘れるのではなく、具体的な目標を持って改善に向かってほしい。何かが変われば『これを変えたのはおまえのお母さんだよ』と子供に言ってあげたい」と話した。


どうして、こんな事が起こってるのか。日本のサービスは最高であるといつも言い続けてきているのに、何とも寂しいことです。しかも、何日か前のTVでは、出てくるお医者さんや病院は、みんな自分を庇うばかり。このご主人の気持ちをもっと考えて欲しいものです。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2008-10-30 00:31 | ひとり言
2008年10月29日(水)

今日は、久しぶりに昔の事を思い出して、懐かしんだひと時を過ごしてきた。

実は、シリコンバレーのバイオのコミュニティーNPOであるJBCで活躍している赤間さんからメールをもらって、彼の会社を訪問してきた。

なんとそこは、1996年7月に僕がアメリカのやってきて始めて勤務をした会社CLONTECHが事務所、ラボとして使っていたビルでした。Palo Altoの閑静なBusiness Areaにあるビルの外見は全く変わってなかった。中に入ると、おしゃれにカラーリングされた壁が変わっていたり、キューブの家具が違ったりしているものの、配置は全部同じ。僕のオフィスも綺麗になって、CMOの人が使っていた。
d0023796_13391432.jpg

そもそも、96年にアメリカに渡って、初の日本人社員としてまた初のInternational Sales Managerとしてこの会社に参加したが、やはり最初の半年は英語の壁と仕事の進め方の壁がずいぶん高く、寡黙な会社員生活を送っていたのが懐かしい。

赤間さんとも意気投合したが、仕事での会議やプレゼンテーションは何とかこなせても、会社の好意で開かれるランチでは、同じ会社の社員でもなかなか会話に溶け込めず、キッチンでこそっとご飯をよそって、自分の部屋で一人さびしく食べていた時代があった・・・。

でもそんな経験があって、今の自分があるんで、そのアメリカでの生き方を教えてくれた懐かしいビルから、またちょっと気合をもらったような気がする。

そういえば、あのころは、人間関係からくるストレスは全くなくて、業績や英語のストレスばかりだった。いや、別に今が違った種類のストレスというわけではないのだが・・・。

あれからもう12年以上の月日が過ぎたんかぁ。ビルの周りは全然違った光景になっていた。そりゃ、僕も変わるはずやぁ。なんせ頭も剃るまえやしぃ
[PR]
by hiro.b-bridge | 2008-10-29 13:24 | SV生活
2008年10月25日(金)

2週間ほど前に、巨人と阪神が戦って確か阪神が破れたそうな。

で、その後CSに出たけど、藤川が打たれて、中日にも負けたそうな。

で、今日は、巨人が中日に勝って日本シリーズで西武と戦うそうな・・・。

僕が阪神ファンだったという事を知っている人が、「残念でしたね」とか声をかけてくれるけど、何のことか良くわかりません。

そもそも、今年はプロ野球はあったのでしたっけ?

全然わかりません。すべて記憶にありません。

でも、なぜか心にぽっかりと穴が開いたような・・・

しばらく阪神ファンではないので、声かけないでくださいね。野球は来年3月にWBCと共に始まるまで語らないことにします。

涙・涙・涙
[PR]
by hiro.b-bridge | 2008-10-25 23:04 | ひとり言
2008年10月19日(日)

昨日、2週間の出張から帰ってきました。今回は色々とコアな打ち合わせも多く、横浜でBioJapanに参加して、講演をさせてもらったり、忙しい旅でした。

あ、一昨日はTVのドラマにでているある女優さんと食事を一緒して、女優&モデルの美のオーラには驚きました。

戻りは、例によってUnitedで・・・

行きにかばんがなくなった音を説明して、臨時の洋服代として200ドルもらったけど、カウンターの女性は、やはり絶対強気な態度。

なんで、口だけで謝ろうとするのかねぇ。でも、最後に対応してくれた男性は、「いつもこんな風な対応で、本当に申し訳ない」と会社のカラーを認識して、その部分を謝ってくれていた。この言葉で少し救われたかな。

風邪引いて、咳がとまらん状態ですが、まぁ、元気に明日から会社です。
日本で打ち合わせした皆さん、懸案を今から対応しますから、ちょっとお待ちくだされ。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2008-10-19 23:43 | 出張
2008年10月13日(月)

日本で3連休を迎えた。先週は、いろんな事がありました。

まずは、今回の出張は、横浜で開かれるBIO Japanの参加で、JETRO企画のセミナーで話をすることになっています。

でもって、久しぶりにUnitedに乗ってやってきたのですが、相変わらずUAのスッチーはひどいですなぁ。何をするにも怒っているようで、水が欲しいか?と聞かれたもんで、Pleaseと言うと、ジロっとにらまれて、平気で足に水をかけていきはった。勿論謝る事もなし。

成田に着いたら、かばんが出てこない。

スーツも、革靴も、髭剃りも、下着もな~んもない。

カウンターで「かばんが届かないので、自宅にお届けします」と。「いつですか?」という問いに、平然と、「明日には多分・・・」と。

思わず「まずは、謝らんかい!」と小さくつぶやいてました。

服がないことを訴えると、「3階にユニクロがありますよ」と・・・
ユニクロでスーツなんか、あるかいな。

それと、僕のサイズは、その辺では売っていないんです。
結果、でっかいサイズ探しの旅に。キングサイズと言えば・・・・。

そうです、両国まで足を伸ばし、お相撲さんの専門店に。お恥ずかしいことに首周りのサイズだけを追っかけると、僕のサイズは4Lらしい。てな事で、でっかいYシャツは見つけたけど、スーツは探せず。

次の日は、GパンにYシャツのおっさんルックで・・・


d0023796_0343790.jpgTokyo Game Showが開かれて、NeuroSkyのセンサーを使ったゲームができたと言うので、ちょっと見に行ってきました。ちょっと前に新聞に「念力ゲーム」と紹介されたんで、その影響もあるのか、テレビ局がガンガン取材にやってきて、大盛況。

そらそうだ。なんてったって、今まで手を使わずに思うだけどできるゲームなんてこの世の中になかったっすもんね。NeuroGirlもなかなか可愛い。

大阪では、某社長にGolf Barに連れてt行ってもらった。でっかいスクリーンに向かってフルショット。それがスイングをセンサーがキャッチして、いつもの癖が完璧にスクリーン上のコースに反映されていく。

シングルの腕前の社長さんは、なんとPar Playで、5-Birdyでっせ。しかし、さすが日本のセンス。こんなBarがシリコンバレーの田舎にはないはなぁ。
d0023796_0413912.jpg

[PR]
by hiro.b-bridge | 2008-10-13 23:17
2008年10月10日(金)

日本に来ています。
いやぁ、忙しくて・・・。いろんな事を考えながら、大きな成果と小さなストレスをもって、旅しています。

しばらくBlogを書き込めていなかったので、ちょっとだけの書き込みです。

面白いねたが一杯あったので、その後さかのぼって週末にでもUpdateしようかなと・・・
[PR]
by hiro.b-bridge | 2008-10-10 10:58 | 出張