<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2008年8月28日(木)

日本人起業会という組織があり、そのグループのBoardをさせてもらっている。今日は半年に1度のBig Eventの日。やはりシリコンバレーで活躍するKeizai Societyとの共同イベントで「夏イベント」と言う名で、SaratogaにあるHakone Gardenで100人以上の方を迎えてのNetworkingだった。いやぁ、しかし暑い日だった。

d0023796_17325224.jpg
NeuroSkyのStanleyの過去のExitの苦労話は最高に面白く、改めて自分も頑張ろうという気にさせてくれた。彼の話の中に、CEOはトイレの便器のようなメンタリティーを持つ事という話があった。トイレの便器は綺麗な状態でないと、次の人が使いにくい。人が用をたしたら、即又綺麗に流さないと、誰も入らなくなる。

即ち、次から次へやってくる意見や案件、反対意見にいちいちこだわりを持ちすぎず、どんどん洗い流してゆく強い心を持たねば・・・というもの。

確かに、くだらんメールや腹立つメール、勘違いのメールや心に響くメール。いちいち気にしていたら身が持たない。自分を信じて前に進む事が必要なのかなぁ・・・。

いやぁ、今日も勉強になった。
d0023796_17332392.jpg

[PR]
by hiro.b-bridge | 2008-08-28 23:12 | SV生活
2008年8月22日(金)

基本的にバナナが好きである。昔日本の会社で働いていた時、会社の中に喫茶店があった。阪神ファンのマスターにいつも頼んで、バナナジュースを造ってもらっていた。大人なんだから、コーヒーを頼む方がかっこいいのかなぁと思いながらも、バナナジュースを飲んでいた。「マスター、いつもの」と言うと、バナナジュースを出してくれた。

アメリカに来て、バナナジュースは中々飲むことがなかった。アイスコーヒーですら、飲めなかったアメリカで、寂しく思っていたら、スターバックスが1987年頃から活性化し、アメリカでも「冷コー」が飲めるようになった。

でも、何故かバナナジュースを飲む場所は限られていた。
d0023796_8522095.jpg
ところが

最近、やはりスターバックスがバナナジュースにチョコレートをブレンドしたジュースを販売し始めた。
「バナジュー」好きの僕にとっては、この270Calの飲み物がしばらくは、「いつもの・・・」になるのだろう。

昔、喫茶店でコーヒーを300円で毎日頼んでいる人がいた。そこである人がこそっと言った。

コーヒーの粗利益率は85%。安いけど儲かる。

クリームパフェを頼むと、喫茶店の売上は450円。でも、粗利益は50%以下。

喫茶店の人は、コーヒーを頼んでくれるのを期待している。パフェは、損。

何か、そんな会話を高校の時にしていたことを急に思い出して、今日もバナナ・チョコレートをスタバで飲んでます。いくら儲かるのかなぁと・・・
[PR]
by hiro.b-bridge | 2008-08-22 23:40 | SV生活
2008年8月21日(木)

出張から戻ってきて、昨日時差ぼけであると書いていたが、その間に溜まったメールに全然追いついていません。こんな所で言い訳するのも何ですが、ちゃんとメールに返事させてもらってない方々、誠にすんません。この週末に出来るだけのキャッチアップをしますので・・・
[PR]
by hiro.b-bridge | 2008-08-21 08:36 | 仕事
2008年8月19日(火)

先週の水曜日、暑い、ベトベトのシャツを着こなせない日本から戻ってきた。とにかく、汗かきの僕にとっては、熱帯化した日本は辛いのだが、その分クールビズが認められるようになってきた日本のフレキシビリティーの強化には、感謝している。

しかし、年と共に時差ぼけからの解消時間がどんどん長くなっている。昔は寝なくても全く問題ないと思っていたのに、最近は1週間近くたっても、まだ10時くらいには眠くなる。

「気合が入っていない」

と昔なら言っていたのに、いかんなぁ。

全然関係ないけど、大相撲の大ファンだった自分としては、最近の凋落振りに寂しい限り。昭和50年(1975年)3月場所で、北の湖と貴ノ花が13勝2敗で優勝決定戦を戦った頃から、大相撲全取り組みを見て、力士の出身地や部屋、身長、体重まで、まるでポケモンのキャラクターを全部覚えるように毎日口にしていた。

その頃活躍した、貴ノ花は離婚後亡くなってしまったし、荒勢も先日故人に。北の湖は理事長だけど、相変わらずシャキッとしない。若手の若三杉(後の2代目若乃花)は脳溢血で倒れ、弟子の若ノ鵬が大麻所持で逮捕でしょ。

何だか、間垣親方(若乃花)の杖をつく姿が、今の相撲界の象徴のようで・・・。何だか本当に寂しい。オリンピックで北島が活躍したり、日本選手の活躍を見て興奮している僕としては、再度日本の国技の相撲にもがんっばて欲しい。

9月場所ももうじき。夜中の2時までのJapan TVを時差ぼけが治ったら又見ようかと。

とにかく、がんばれ日本のスポーツ!
[PR]
by hiro.b-bridge | 2008-08-20 15:32 | くだらん話
2008年8月4日(月)

日本にやってきた。今回は、先日のビーチ・ラグビーで足を痛め、歩くとまだ痛いのだが、色々とある問題や懸案を処理するべく、今成田に着いて、ラウンジでこのBlogを書いている。

飛行機に10時間以上乗るといつも考えることがある。

「どうして、国際線フライトでは、色々と考えることが出来るのだろうか?」

食事を食べて、映画を見て、眠って、本や雑誌を読んで、パソコンいじって・・・色々と行っている間に頭の中がすきっとして、今のあり方はこれでいいのかとか、今度こんなことをしようとか、色々と懸案事項の整理が出来る。VacationでPool sideでボーっとしている時も、現実を逃避して、色々と考えることが出来るが、飛行機の中は、それよりもはるかに思考がクリアになる。

今日も、これからやるべき事が整理できたようで、この10日間の出張中、一生懸命目標を果たすべく指針が決まった。

家は、家内が守り、会社はスタッフが守る。その環境でさえあれば、自分は幸せに動く事も出来る。

家族やスタッフには、本当に感謝の気持ちで一杯である。一人だけ自分の世界に入っていることなく、現実を見て、周りの努力に答えたい。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2008-08-04 15:28 | 出張
2008年8月1日(金)

日本からのお客さんが来ていた。バリバリ体育会系出身のとある取締役である。彼曰く、学生時代や社会人でスポーツをしていたその練習や試合の事を考えると、会社の危機的状況だろうと、追いやられた環境であろうと、今まで運動していた時を勝る「しんどい」「大変」なことは全くないと言う。

過去に相当な努力をしていると、精神的に鍛えられるのだろう。その肉体的、精神的限界を一度経験すると、社会でも精神的に強くなるのであろう。

やはり、体育会系出身者の就職が良いのは、そういったところを企業も汲み取って採用するのである。

どんな状況でも、絶対負けず、マナーを守り、愚痴をこぼすことなく頑張っていく姿勢を見習いたいものである。

そういえば、学生時代に50日欧州貧乏一人旅行や45日米国一人旅行を英語が喋れなかった頃に経験した自分は、海外で働く事や生活をすることは、苦にならない。何ごとも、経験なんであろう・・・

よく、体育会系出身ですか?と聞かれるが、「僕はただのデブです。」と答える。でも、心はかなり体育会系のようである。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2008-08-01 15:19 | 仕事