<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2007年11月30日

週になんどもスターバックスやコーヒー屋に立ち寄る生活が続いているが、いつも見かける景色に、「警官の休憩の姿」がある。

こっちは、何故か警官やパトカーを見るとビクついてしまうので、余計に警官の制服姿でのスタバで”たむろ”する姿が記憶に残る。ビクつくのは、僕が3億円強奪犯人であるわけでもなんでもなく(その時はまだ小学生だったか・・・)、ただ

警察=スピード違反=しまった!=反省

とつながる、違った意味でのパブロフの犬状態なのだろうか・・・

とにかく、制服で腰には拳銃をもって、真昼間からスタバで談笑する姿はあまり見たくない。こっちがスタバで反省しなくてはならない気分になるからである。

そういえば、この前First Food店で、彼らが制服で入ってきて、いきなり注文をするわけではなく、ソーダの機械の前に行って、勝手に自分の持ち込んだペットボトルに「水」を注いでいた。確かに水はただであるが、そんなマナーは、僕は嫌いである。

凄く横柄な態度さえ控えてくれたら、チケット切られても、反省で終わるのだが、まもなく、反省にとどまることなく警官=怒りになってしまうような・・・。

おぉ、何か今日のblogはちょっと過激か???
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-11-30 01:38 | アメリカ
2007年11月28日(水)

昨日の、というか今日の夜中の1時半に会社のアラームが鳴ったらしい。セキュリティー会社から、「アラームがなってます。警察を派遣しましょうか?」という確認が、何時であれ登録の番号にかかってくる。夜中の1時半であれ、セキュリティー会社は容赦なく掛けてくる。かかってきて飛び起こされたのは、僕の秘書の玉ちゃんである。

彼女の話によると、「後ろの扉が開けられているようだけど、どうしますか?」と聞いてくるセキュリティー会社に、「今から行きます」と答えてくれたそうな・・・。

そんな時間から女性一人で会社に出向いて、駐車場を車で2-3周して、勇気を持って一人でビルの中に入って行ってくれたそうな。単に、ドアの閉まりが悪く、所謂、間違いアラームだったようだが、会社の事を考えて、夜中に出動してくれる勇気ある行動に、頭が下がる。

何せ、以前休日にアラームが鳴って、警察が来て、その後僕もビルに出向いたとき、警察ですら先にビルに入っておらず、僕と一緒に、しかも僕の後ろで、僕を盾にするかのように、拳銃を抜いて巡回したほどのこと。警察官でもびびって(?)入っていくのに、玉ちゃんの勇気と行動力に、大きな拍手を送りたい。

中々目立たない地味な仕事を、確実にこなしてくれるできた秘書に、この場を借りてお礼を言いたい。ありがとう。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-11-28 23:58 | 会社員
2007年11月25日(日)

Thanksgivingの休みがあっという間に終わった。そもそもThanksgivingとは「誰に感謝する日なんやろか?」と思っていたら、「誰にでも」というのが答えだった。

ちょっと古いおっさんのようですが、色々と、色んな人に感謝して生きているのは事実なんで、友人が焼いてくれた七面鳥を食べて、親、家族、友人、恩師、会社のスタッフ、付き合い先、近所の人達、ボランティアの人たち皆に感謝を訴えておきました。

4連休の4日目は、久しぶりの風邪気味で、咳き込んで、薬飲んで・・・。薬作った会社や研究者にも感謝してます。

そのうち、僕らが感謝される存在になれますように・・・
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-11-25 23:08 | ひとり言
2007年11月16日(金)

シリコンバレーで色んな大学が進出してきて、今や日本の大学のBay AreaのOfficeがたくさんある状態。我が母校同志社大学も進出計画があるようで、非常に楽しみにしている。

そんな話をしている所に、友人からメイルがやってきて、校舎がすっかり綺麗になった新町校舎の話題となった。

友人:「新町の校舎が新しくなったけど、知ってったか?と言うか、お前学生時代、ほとんど学校行ってなかったから、覚えてる以前に、知らんやろ。」

僕:「あほな事言ったらあかんで、めちゃくちゃ覚えてるで。とにかく数回しか行ってないから、逆に印象が深いねん」

友人:「そんな事、自慢できるかいな・・・。でも、俺は、正直覚えてないなあ。聞いた話しやけど、色んな友達に、授業の代返頼んだら、先生の出席の確認に、3人ほどが一度に返事してしまったみたい。先生は、それに対して、「いつもいない○○君、今日はその分3人も出席しているだね・・・」と。」

一辺に3回分出席を目指した代返、のつもりではなかったろうに・・・。
息子や、父はこれでもテストだけは頑張った??お前もガンバレよ。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-11-16 23:14 | 昔の話し
2007年11月14日(水)

聞いた話しですが・・・

人間は、生まれた時、本人が泣き、周りが笑う。
人間は、死ぬ時、周りが泣き、本人は笑顔で逝く。

なるほどね。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-11-14 23:34 | ひとり言
2007年11月9日(金)

この辺で働く日本人はたくさんいる。Networkingとか、知人の家のでBBQで知り合う方々と仲良くなることも多い。やはり「外国」で暮らす上で、日本人通しのつながりを求めてしまっているのかも・・・。

そんなかんなで、知り合った人があの有名なRidgeの技術者の方がいた。今日は、夕方からその方に、会社にきて貰って、ワインに関する薀蓄を話してもらって、その後スタッフでテースティングをやる会を企画した。

そもそも、ワイン通の人は結構いるけど、ワインを作ってる技術者から話を聞く機会はあんまり無いからね。よく日本からの出張者で、「いやぁ、僕はワインがどうたらこうたら・・・。このワインはBodyがどうたらこうたら・・・。そもそもNapaのワインは、どうだのこうだの・・・」と違った意味での薀蓄を述べて、まぁ、はっきり言って偉そうに語っている人たちとは大違いの、正真正銘のレクチャーで、ワインの奥深さを知らされました。

その話しを聞いた後のテースティングは、いつもと一味違って、その場で教えてもらった薀蓄を舌で転がしながら、味わう事ができた。

いかん、これでは、今度は僕が、偉そうに語るおっさんになってしまうのだろうか・・・

といいながら、結局は、ガバガバと美味しいRidgeのワインを堪能できて幸せなひと時でした。スタッフの一人が、以前BaySpoに載っていて、ワインを作ってるっていうもんだから、こんな企画をしてみましたが、結構好評のようでした。

Shinji-san、今日はありがとうございました。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-11-09 23:31 | SV生活
2007年11月7日(水)

さて、Blogを書くピッチが広くなって、中々習慣が失せてきたようである。何を書こうかと考えるようになったのではなくて、「あ、この事を書こう」と思っておきながら、夜中になったら忘れてしまっている事が増えてきたのか・・・。いやはや年のせいとは言いたくないが、事実は事実である。

歳を取ると昔の事ばかり思い出すと言うが、ツイ今日あった人の名前が出てこなかったり、さっき食べた物を忘れてしまったりと、えらいこってある。

そんな中、思い出されるのは、15年前のこと。話の内容も15年前の事。

昔、若い頃に、上司から同じ話ばかり何度も聞かされた時代を思い出し、自分はそのようになりたくないと考える。但し、解決策も沢山ある。その都度、メモを取る習慣を作れば済む事。でも、以前、言われた事を覚えれない若い部下がいた時、「ちゃんとメモを取れ」と指導したら、「メモっても何処に書いたかわからない」と反論され、「先輩の言う頃を聞け」と感情的に返したら、「先輩も人間でしょ、忘れる事がなくなってから言って下さいよ」と言われた事がある。

あれ、何だかストレスフルな事ばかり思い出される。

ちょっと砂金人為的ストレスが多いようだ。気をつけよう!
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-11-07 23:52 | ひとり言