<   2007年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2007年10月31日(水)

と言う事で、今日は恒例のハロウィーンパーティーでした。みんなさすが個性一杯で・・・
写真はBobさん提供
d0023796_1705394.jpg

[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-10-31 23:59 | アメリカ
2007年10月28日(日)

レッドソックスが優勝する瞬間をTVでみた。大喜びをして、世界一を喜ぶメンバーの中に松坂もいる。去年の暮れ、成田で松坂を見て、皆から声を掛けられていた。すごいプレッシャーがあったはず。高校の時から騒がれて、その中で常に活躍をする男。

とにかく、すごい男である。実力も、運も全て握っている。

その松坂が、「このチームはとにかく強い」と。

僕らも強い組織になって、誰にも負けない、皆で喜べるチームになって、皆で祝いたいものである。

さて、そのラッキーメーカーは???
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-10-28 22:55 | ひとり言
2007年10月25日(木)

3ヶ月に1度は、Company Meetingを行なう。今日がその日だった。

Lunch付きのMeetingは、普段やらないが、まぁ、3ヶ月に1度くらいはと思っている。正直な話は、GoogleみたいにいつもLunchをただ(?)で食べれるレストランが社内にあったらいいなぁと思うし、「週に1度は、会社がLunchをサーブします。」なんてのも、早くやりたいと思う。

いつも、HRのManagerと秘書のたまちゃんがそういった段取りをすべてやってくれるのだが、今回は、豪勢なサンドイッチのてんこ盛り。

これまた、いつも思うけど、会議に参加する方は、そこにLunchがあって当たり前と感じるのであろうか・・・

もし週に1度、Lunchをサーブしたら、段どる方がたまったもんじゃなく、Lunchサーブは苦痛に感じる事だろう。まぁ、早くこれらをすべて外注化できるようにしたらいいという事か・・・。

会議に出てきても、皆静かに座っているだけっていうのが、日本人に多いのが、正直気に入らん(本音)

まぁ、Compnay Meetingみたいな会議は大勢だから、発言するのはちょっと勇気がいるのだろうけど、日本人は、本当に静かである。

いつも言うのだが、伸びる会社ののすごいところは、会議の前に、Agendaが決まっていて、On Timeに皆が集まってきて、1時間以内で話をまとめて、決定事項を確認する。次の週には、それぞれがそのアクションアイテムを実施し、ちゃんとDueを守って報告までもする。

これが出来る会社に、早くならねば・・・
皆、頑張るぞ!!

因みに、Compnay Meetingは、会社からの報告会だから、アクションアイテムがでてくるのではないが、皆で意見をするCompany Meetingを1月にはKick Off Meetingとして開催予定でーす。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-10-25 23:00 | アメリカ
2007年10月24日(水)

会社に突然電話がかかってきた。

電話の相手は、いきなり日本語で、「コンニチワ、ヒリョユィキ・マシュモトさんデシュか?」と語りかけてくる。何故か、僕は、This is he.と英語で返す。彼女は続けて、勝手なTalkを続ける、

「私は、あなたの会社をClean Upしに行きます。来週のいつがいいですか?」

なんじゃそれはと思い、英語で「清掃業の売り込みですか?ならば、他で間に合ってるので・・・」と答えると、「私達の方が、いいです。その契約は、いつで終わりますか」との事。

あまりに強引な為、笑えてきたので、思わず我慢できず笑ってしまったら、急に英語で話しかけてきた。 Can we meet next vweek?

だから、必要ないというと、「何故?」と・・・・

一体何だかわからん、Sales Callと言うより、わがまま、いたずらCallみたいな電話だった。

これは、雨リアのCold Callでも酷い例でした。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-10-24 23:20 | アメリカ
2007年10月21日(日)

阪神の惨敗からようやく立ち直って、来週は来客も多い中、元気に頑張ってゆきたいと思います。

というのは冗談で、まぁ、確かに阪神のいざという時の弱さには、寂しい尾も一もあるが、人間メンタリティーをどのようにコントロールするかが、何よりも大切である。

すぐ切れてしまったり、人を意識しすぎたり、自分に自信をなくしたり・・・。最近ではうつ病の人がやたら多いらしいが、色んなSituationでの、自分のResetができないと、何かと辛いのであろう。

僕は96年に日本からやってきて、日本人の一人もいない会社に入った時、人為的なストレスは全く無かった。これは、最初から「日本人とは考え方が違う」と割り切っていたからであろう。変に、何かを期待したり、こうあるべきという勝手な考えを主張すると、愚痴となり、ストレスに繋がるのであろう。

人は人、自分は自分。色々と気にしないで、突き進めるメンタリティーを養う必要があるのだろう・・・。

新しい梨田監督も、渡辺監督も野村監督の口撃を意識せず、自分の道を進まないと良い結果は生まれるはずが無い。

最近、ちょっと愚痴が多いので、改めようと思ってま~す。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-10-21 23:43
2007年10月13日(土)

とにかく、気がついたら熱狂的な阪神ファンになっていた。だからこそ、この2日間は、情けないったらありゃしない。何せ日本で夕方6時からの試合は、こちらの夜中の2時からのPlay Ballである。こちらのJapan TVも何を考えているのか、朝方3:30からの中計である。

眠い目をこすって、夜中の2時のゲームを「神様~」って感じでネットで追っかけたら、最初の30分ほどで、2日とも「もう寝てもいいよ」と言わんばかりのゲーム運び。d0023796_15134630.jpg

まさしく、情けないというか・・・。

これだけ期待しているものにとって、何とも表現の出来ない負け方だと、脱力感以外残らない。この週末は、おもいっきし、だらだらと過ごしてしまった。

来年の巻き返しに向けて、僕も違った意味で、頑張る事にした(???)

あ、阪神が中日にクライマックスシリーズで2試合とも初回大量失点で負けたという事です。
それと、檜山の引退が、寂しい・・・
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-10-13 23:06 | くだらん話
2007年10月11日(木)

昼間、取引先の会社の社長とご飯を食べた。

お互い、「社長ってのも結構大変だよね??」と慰めあっていた。そんな会話の中で、彼は、「ところで、この前会社のスタッフを集めて会議を開いたんだけど、皆だらだらと遅れてくるし、途中携帯が鳴って、その電話を平気で取るし・・・。ほんまにマナーが悪い奴が多い・・・」と怒っていた。

「特にアメリカ人は、良くない!」と怒りまくり。

彼曰く、俺らの若い頃は、上司が怖くて、9時集合で8:55に行ったら、「お前ら気合入ってないぞ、もうちょっとで遅れるところだ!」と文句を言われたのに・・・。

「とにかくアメリカ人は最低だ!」 すごい剣幕であった。

・・・と、この会話は英語でなされていて、思わず、彼に聞いてみた。

You are American, are't you?

彼は、Yes, I am American.と・・・

アメリカ人もアメリカのいい加減名とこに怒っていたとは、知らんかった・・・。

まぁ、僕らもこの辺のけじめはちゃんとしたいよねぇ。誰が遅いから僕も、私もってのは、子供じゃないんだから・・・。

あれ、最後は僕が愚痴ってる・・・
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-10-11 23:58 | アメリカ
2007年10月8日(月)

インキュベーションのビジネスをやっていると、色んなお客さんが我々のラボやオフィスを見に来られる。今日は、我々のオフィス、ラボのあるMountain Viewの市長がやってきた。

MountainViewのLaura Macias市長は、選任ではなく自分の仕事も持って、半ばボランティアのようにMayorという職をこなしている。だから、全く偉そうなそぶりもなく、終始ニコニコと我々の意見を一生懸命聞いてくれていた。

インキュベーションの施設に入る会社は基本的にStart Upしたての会社や組織であるから、市のレギュレーションを押し付けられても、わかるはずがない。市が新しい息吹を育てようとするならば、押し付けではなく教育をして欲しいという種の希望を言ったところ、「まさしくそうである」と合意してくれ、新規会社の成長に少しでも貢献するようにしたいと非常に有難いコメントをもらう事が出来た。

最後は、市長から、「今日は勉強になった」と言われると、何だか嬉しく、これまた勇気付けられたのである。

これからは、身近で産官連携を実践してゆこうとしみじみ思った1日であった。
d0023796_16582166.jpg
市長は中央の女性
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-10-08 23:40 | SV生活
2007年10月7日(日)
d0023796_14261644.jpg

知人に女子プロゴルフの大会がBay Areaで開かれると聞き、その知人がボランティアで大会に関わるのを良いことに、試合のチケットをもらい、観戦してきた。 Longs DrugsというDrug Storeが開催する女子プロ。残念ながら宮里藍ちゃんは、予選で落ちてしまって本戦には日本人プレイヤーは一人もいなかったが、少し驚いたのが、やたら韓国人が多かった事。当然、プレイヤーに韓国人が多いと、ギャラリーも韓国人が多いこと・・・。

それにしても、今更ながら、こんなアメリカの大会で、海外からやってきて、世界の舞台で戦うには、すごい精神的トレーニングが必要な上に、言葉や文化の壁を破ってのし上がってくる外国人選手の活躍を思わず応援してしまった。

今日の僕らは、しばらくSe Ri Pakを追っかけて歩いてきた。1番ホール、左ドッグレッグのPar 4のミドルコース。左のバンカーエッジに止まってしまったいきなりのトラブル。残りは150ヤード。長く考えた上で、打ったボールは、グリーンのはるか右へ。「あ、こりゃだめだ」と思ったら、何とそのボールが見る見るグリーンに近づいてきて、グリーン上へ。すごいリカバリーショットである。

次のホールのPar On Shotも息子曰く「テレビゲームでもあんなショットはありえない。漫画の世界みたい」と・・・。それほど強烈なバックスピンで、ピンそばへ。

とにもかくにも、これぞプロの技という感じ。皆頑張ってるんだと思うと、また自分も頑張る勇気が湧いてきた。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-10-07 23:04 | 日記
2007年10月4日(木)

僕の1年がある意味終わった。昨日のゲームで、我がタイガースは、結局3位に終わってしまった。12ゲーム差を覆し、宿敵巨人の上に行った時は、毎日眠れなかった。それがその2週間後には、悪夢の大連敗。気づいたら中日の下。

第三者的に、すごく冷静に見た場合、阪神は3位に入れただけでも大したもんだったのかもしれない。でも、40年以上も阪神ファンをやっていると、「ひょっとして、何か起きるかも?」というドキドキ感がたまらなく、応援したくなる。

そして、ことごとく裏切ってくれる。それでも応援する。

子供との言い合いの後の感覚に似ていて、怒っても、反発されても、何だかんだ言いながら、気になって、応援してしまう。

そうか、タイガースは、僕の息子みたいなもんやったんやぁ。13日から始まる「龍」との一騎打ち。とにかく、一生懸命応援して、駄目でも酒を飲みましょう。(何とも弱気・・・)

でも、ひょっとしたら・・・。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-10-04 16:38 | ひとり言