<   2007年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2007年9月28日(金)

日本からお客さんが来て、4日間ほど一緒に行動をする。昼食に行ったり、夕食、コーヒー色々共にすることが多い。以前、同じお客さんが1ヶ月ほど滞在された時に、いつもと同じように、スターバックスにコーヒーを買いに行った。

当時、アイス、ベンティ、キャラメルマキアートにはまっていて、いつも一番大きいサイズのキャラメルマキアートを頼んで、オフィスに持ち帰って飲むことが多かった。

そのお客さんは、ラテを飲んでたように記憶している。

とにかく、二人でその飲み物を買って、車に乗って、運転席と助手席の間のカップ置きに何ごともなかったようにその飲み物を置いた。オフィスに着くまで待ちきれず、少し飲み始めた。その時、プラスティックの底に、何故かカップホルダーの下に置いてあった画鋲が刺さっていた。

一度は気にせず飲んでいたのだが、何だか、容器に鋲が刺さっている事が許せず、何も考えずに、その画鋲を抜いた。何が起こったかというと、その画鋲が開けた穴から、マキアートが漏れ始めた。当然の事であるが、運転しながら、窓を全開にしてそのマキアートが漏れていくより早く飲まなければと思い、一生懸命ストローを吸った。でも、いつもゆっくり楽しみながら飲んでいたマキアートを一気に飲むのは「もったいない」と思っていたので、少し汚れる事を覚悟で、カップホルダーに戻した。

すると、見る見るうちに、カップホルダーがマキアートで一杯になってきた。仕方なく、又そのカップホルダーにこぼれたマキアートを一生懸命飲み干した。

焦ってしまっていたため、車を止めることなく、その行為があったため、隣に座っていたお客さんは、ひたすら笑うだけ・・・。

恥ずかしい一瞬だった。

そんなくだらん思い出だけど、お客さんが久しぶりにやってきてくれて、業務上の、そしてアメリカならではの、又はくだらない失敗談など、一緒に思い出を残して一時を過ごすのも、楽しいもの。

明日のゴルフも何かハプニングがあるのだろうかなぁ・・・。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-09-28 23:39 | くだらん話
2007年9月25日(火)

最近、益々Junk Mailが増えているようである。勿論色んな手を使ってJunk Mailをフィルターに掛けて防御しているのだが、どうにもそのフィルターがなければ会社のアドレスに1日、2,500件ものJunk Mailが届いているようである。フィルターさまさまで、僕の手元に届くメイルは選ばれしメイルということである。ところが、それでもJunkは多い。

ある知人に聞いたのだが、最近はSkypeでも突然Junk Chatが入ってくるそうである。忙しい中、ポコポンと突然チャットが飛び込んできて、イライラすると彼は言っていた。先日、又そのJunk Chatがくそ忙しい時に入ってきたらしく、そのチャットは”How are you?"と聞いてきたそうな・・・。

彼は又かと思って、”I am very busy"と返したらしい。すると、先方は、”I Understand"との返事。何故か彼は又言葉を返したのだが、その後返事がなかったそうである。

彼は、「本当に忙しい時に、たまらん」と怒っていたが、その前に、忙しい時にチャットに答えるのがどうだか・・・と とても丁寧な彼であった。

アメリカはメイルやチャットのみならず、電話でのSales Callもめちゃくちゃ多い。僕は忙しい時は、勿論電話に出ないが、週末の暇な時間のセールスコールには、何とか僕に書けたことを悔やますように会話している。よくわからん売込みに、”Sounds Good"と相手にして、最後に「残念でした」と言って電話を切る。

いたずらが過ぎるかもしれないが、ちょっとした英語の勉強とストレス発散の場である。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-09-25 23:18 | くだらん話
2007年9月21日(金)

会社の新しいスタッフやインターンの学生に話す機会があったので、そこで話した内容をメモっておきたい。

組織で一番必要なのは、チームワークであろう。そのチームワークをベストな状態にするには、皆が何をやっていて、何が得意なのを知り、その得意な分野を人に任せる信頼を作る事。そのためには、コミュニケーションを図ることが大切である。

もう一つ大事なのは、そのメンバーの方向性が同じで、喜びを分かち合える事であろう。阪神ファンが、タイガースを応援し、勝った時に皆で喜ぶ。負けた時に、皆で残念がる。そして優勝した時、酒を浴びるように飲んで喜ぶ。

コミュニケーションを図り、目的を同じくして、チーム力を高め、目的を達成した時に、一緒に喜ぶ。そんな、組織で働く事が、人生を楽しむ秘訣である事。

大事なポイントだと思う・・・。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-09-21 16:52 | 仕事
2007年9月19日(水)

この3年で、シリコンバレーには沢山の日本の大学が拠点を構えている。阪大を皮切りに、鹿児島大学、九州大学、東北大学、などなど・・・。その大学間のネットワークJUNBAも活動が活発になってきている。

今日からも、鹿児島大学の学生さんのツアーが始まり、少しだけ参加してきた。皆の活気ややる気を肌で感じる事が出来た。渡辺千賀さんを初めとするパネラーの皆さんのセンスの良さや回転の速さにも感動した。

でも、この準備やアテンドを続けるボランティアの皆さんには、本当に敬服させられる。

何でもそうだが、前で演じる人、後ろで演じさせる人、それ企画する人、みんなのチームワークで初めてイベントが成立する。会社も全く同じ、信頼とそれぞれの強みが何かを把握して、Nice Passを出せるチーム、そしてそれを確実に得点するチームが理想であろう。

しかし、最近の学生さんは皆名刺を持っているんだわなぁ。僕が持って行かなかったのに・・・。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-09-19 16:37 | SV生活
2007年9月18日(火)

いつも仕事をする上で、プロ意識を大切にしているつもりである。会社は遊ぶ所ではなく、働く所。プロとしてそのプロフェッショナリティーを見せる所。イチローにとっての野球場であり、白鵬にとっての土俵である。

今日、インターンの学生がやってきた。インターンには、色んな意味で興味を持っている。今回の学生も大学院生で、知識も高いものがあるようで、教える事と教わる事が両方あるのではと期待している。

初日の挨拶。空港からやってきたとは言え、ジャージにTシャツ。寝巻き姿である。

思わず、久しぶりに声を荒げてしまった。

ここは寝るところではなく、働く所。その気持ちを持って、対処して欲しいと・・・

初日から「激」を飛ばしたのか、感情的に「怒」を現したのか、とにかく明日から一緒にプロとして厳しく、そして楽しくやって行きたいものである。プロとして・・・。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-09-18 15:25 | 仕事
2007年9月15日(土)

昨日遅く帰って来たため、夜テレビの前でうつら、うつらしてしまっていた。しかし珍しくテレビの「声」で目が覚めた。麻生太郎幹事長が、自民党総裁の立会演説会でスピーチを行っていた。

非常に関心を示すことのできる内容だった。内政問題、外交問題さまざまな観点の話を聞いた。実は今まで自分自身はあまり政治には興味を持っていなかったが、彼の演説はまさに経営者のBusiness Palnを説明するプレゼンテーションに聞こえたからだろう。

内政問題は、社内の人事や労務問題に匹敵し、年金問題は、ストックオプションや401Kについて約束をしているようだ。

外交問題は、まさに営業的ポイント、社内改革。Business Developmentにあたる。

残念ながら麻生さんの政策の裏づけまでは聞き取れなかったが、政治家が起業家のことを学び、日本国というVentureを運営する姿に捉えることができた。もっと、政治家がハングリーなVenture Spiritを持ったら、日本国株式会社の社員(国民)のモーティベーションも上がっていくのだろうに。

逆にうちのスタッフにも、僕が総裁として、そして一人ひとりが政策の改革者として団結してやって行きたいと改めて考えさせられた。

福田さん、麻生さん、どなたが総裁になるかは分からないが、自分は新たな政策を明確にして、社員という国民との約束を守り、安心して働ける、そして常にエキサイトできる会社を目指すことを、この場を借りて誓いたいと思います。

ところで、政治家もプレゼンの際は、PowerPointでも使って書いて説明すればいいのに・・・。それから、それを聞いている議員も寝たら首にするべき!。アメリカのベンチャーで寝ている社員はみんな首になっているのに。もっと、真剣に話を聞くべき!!

と思うんだけどね・・・。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-09-15 23:00 | ひとり言
2007年9月8日(土)

この前、「最近の若者」って書いた後の土曜日にもっと若い世代にお目にかかった。こちらに住む日本語補習校に通う、中学生や高校生が社会見学で会社を訪問してきた。

皆、しっかり挨拶できるし、将来の機械工学に進む決意はもう持ってるし、大したもんだった。

NHKのど自慢のトロフィーをみたある女の子が、

「NHKの、ど自慢大会って、どんな事を自慢しあうのですか?」って・・・。ど自慢大会で、すごいエピソードを話してきたのだと思っていたらしい。「ひばり(鳥)」のトロフィーを、Chikenだぁ・・・と男の子も言ってたし。

発想が面白い・・・
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-09-08 02:49 | SV生活
2007年9月5日(水)

昨日の話だが、SVで活躍する人たちとの昼食会があった。集まられた方々は、僕より先輩に当たる方々。話題は、色々と豊富で、とても刺激的な昼食であった。事、話題がインターン生に至った時は、皆さん口をそろえて、「最近のインターンは?」と言う。

うちも、インターンでは色々と良い経験、つらい経験をしてきたが、どうにも先輩方も、インターンのお世話を頼まれては、散々駆けずり回って、「ありがとう」の一言も無いらしい。

今日もある大先輩と話をしていたが、「どこかの路上で、駐車違反のチケットをきられたけど、今お金がないので、○○さん、払っておいてもらえますか?」ってな事を平気で言う、若者がいるそうな・・・。その若者は、人がチケットのお金を払ったら、点数が引かれる事を何と思っているのだろうか・・・。

ある若者は、うちのVPに、「明日、○○まで、ちょっと来てくれますか?」と平気で声をかけてくるそうな・・・。

いやぁ、時代が時代とはいえ、その辺を気にしないでも、気にならないのだろうか、若者諸君、教えて欲しい!
え、あんたも、約束守ってないでしょってか、そりゃ、失礼しました。

あ、そういえば、今日は長男の15歳の誕生日。妹からのLetterでウルウルきて、弟から扇風機のプレゼントをもらって感動して、友達からたくさんのメイルや電話で、感動の誕生日だったらしい。若者の間では、ちゃんとけじめも感動も通じ合うようだ。世代を超えると通じなくなるのは、「な~ぜ~?」
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-09-05 15:42 | ひとり言