<   2007年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2007年6月29日(金)

ロシア人の友人が会社を興した。そのStart-up記念の身内のPartyが開かれたので参加してきた。色々なロシア料理を頂き、ちょっと違った味を楽しむ事が出来た。

多くの余った料理を見て、Patyに参加していたうちのスタッフとその旦那さんのエピソードを思い出したので、ここで紹介したい。

うちのスタッフはR&DのManager、旦那さんはBay Areaで有名な調律師で食通の人。何年か前に、この二人が住んでいたアパートで、異臭騒ぎがあった。

屋根の工事を終えたアパートの何処からか、異常に臭いにおいが漂ってきたそうである。2-3日は我慢していたのだが、どうにも我慢の限界がやってきて、アパートのManagement会社に相談したらしい。彼らの推測は、屋根を工事していた際に、リスやラクーンが間違って壁の間に落ちて、腐敗していいるのではないかと・・。最悪の事態は、そこで工事をしていた屋根職人が落ちたのではないだろうか・・・。

アパートの管理人は、彼らの部屋に来るなり、異臭に気づき、部屋中を嗅ぎ回ったが、においの出所が分からない。仕方なく、アパートの壁をぶち破る事になった。

アスベストを使った壁かもしれないと言う事で、二人は4泊ほどアパートを出てホテル住まいになったそうだ。本当に大事である。

壁をぶち抜き、中の様子を調べたが、職人の腐乱死体も小動物も何も発見されなかった。それでも、においは変わらない。全く持って分からない現場をさらに探してみて、ついににおいの根源を突き止めたのである。

な、何と、それは、ご主人が2週間ほど前にレストランからもらってきたがクローゼットの中の袋から発見されたそうな??? 持ち帰りの蟹をもらった事などすっかり忘れていて、まさかクローゼットに腐った蟹が放置されているとは気づきもしなかったそうだ。d0023796_1645550.jpg

何とも人騒がせな事件だが、その後アパート側も、前例がない事件だけに、壁の修復工事代も請求しなかったそうな・・しかし、この蟹はすごいにおいだったそうで、アパートの中に入るだけで、涙が出てきてしまうほどだったそうな・・・。

持ち帰った料理は、さっさと腐らないうちに、処分しましょうね。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-06-29 23:24 | くだらん話
2007年6月26日(火)

日本で、すれ違う人に「こんにちは」と声をかけると、ほとんどの人が、変な顔で人の顔を覗き込むけど、何も答えてくれない。

日本で、「押す」「引く」の扉を開けていると、次から次へと人が通過していって、誰も「有難う」とも言ってくれないし、そもそもずーっと扉をHOLDしておかなければならない。



東京で、エスカレーターに乗ると、立ち止まる人は左、大阪では右の法則がある。(あれ、逆かなぁ)でも、いずれにしてもそれを間違っている人は、「どけ」とばかりに冷たくあしらわれる。

日本は何だか冷たく感じる。
でも、そんな日本は、やたら暑い!!
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-06-26 23:58 | 出張
2007年6月24日(日)

久しぶりに少しのんびり目の休みを向かえた。貯まったメイルを読んで、いくつかの懸案を処理しながら過ごした。

昼から、携帯電話の件で、電気屋に行った。

「○○の件で聞きたいのですが?」と聞いたら、「専門店に行ってもらわないと行けないんですよ」と丁寧に答えられたので、仕方なく、専門店に行く事にした。

雨の中、専門店即ち、SoftbankのShopに行った。

さすが、売り上げ増No.1のSoftbank。Waiting Listにサインさせられて、待たされることになった。「○○の件でも、待たなくてはならないのですね・・」と聞くと、「ハイ」との答え。

そこから30分近く待ったのだろうか。

あまりにも長いので、店員に聞きに行った。「あとどれくらいですか?」

「ちょっと長く待ってもらう事になりますね」との答え。再度「○○の件ですが」と聞いた。

すると、その店員は、「へ?」「そんなのうちではやってませんよ」とさっきの答えと違うやんけ・・

あかん、怒ったらと思いながらも、腹が立つ。何で、あんなに高飛車な態度を取るんやろう?もう2度とSoftbankなんか」いけへんぞと辺に心に誓ってしまった。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-06-24 23:13 | 私生活
2007年6月21日(木)

日本人、韓国人の子供達が一緒にごはんを食べているとしよう。

日本では、「ごはん茶碗を持って、食べなさい」と教育をする。
韓国では、「ごはん茶碗を触らずに食べなさい」と教育する。

二人がそれぞれのまねをしてご飯を食べた時、何と教育をすべきなのだろうか?

アメリカ人が靴を脱がずに家に入っても怒られない。
日本人が靴を脱がずに家に入ったら、怒られる。

子供に聞かれたらなんと答えるか?

この違った文化の中で、教育をするのは難しい。

会社でも、日本人とそれ以外の文化を持った人間を一度に同じ言葉で納得、説得するのは難しい。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-06-21 22:27 | ひとり言
2007年6月20日(水)

出張中によくタクシーに乗る。僕は、タクシーの中で、気分の悪い思いをしたくないので、自分から、タクシーの運転手さんには、結構気を使っている。変な性格なのかもしれないけど、タクシーの中で、嫌な思いをしたくないというだけの理由である。

まず乗る時に、近い場合、自分がその辺の地理に詳しくない場合は、「○○は近いけど、行ってくれますか?」「○○ってタクシーで行く距離かどうかわからないのですが、行ってくれますか?」と聞いてから乗り込む。

携帯を使うときは、「電話していいですか?」と断ってから電話をする。なるべく、タクシーの運転手さんに話をする。気持ちよく運転して欲しいからである。

でも、その努力もむなしく、「そんな近いところで、タクシーをすんなよ、どれだけ客を待ってたと思ってんの?」とか、何もしゃべらず、だんまりを続け、「はい」とも言わない運ちゃんに出くわすと、反動で、無性に腹が立つ。

挙句の果てに、今日のタクシーの運ちゃんは、一回も話をしなかったのに、止まってから支払いをしようと思った瞬間に、メーター料金が上がり、その金額のみを、「890円です」と言っていた。「はーい、残念でした。この値段を絶対払いなさい!」って感じで、ブチっときて、思わず5分間の口論になってしまった。ここでの80円を惜しむわけではなく、客商売の大事さを伝えたかっただけなんだが・・・。

何だかなぁ・・・。の運転手がたまにいる。僕よりずっと年上のくせに・・・。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-06-20 23:15 | 出張
2007年6月18日(月)

日本にやってきて、恵比寿のGolden Tongueという店に食事に行った。恵比寿のお洒落なお店だと聞いて、いそいそと出かけたのだが、日本のレストランのサービスがこんなにもひどく落ちているのかと思うと、がっかりだった。

日本のサービスは、チップが必要ないのに、素晴らしいといつもアメリカ人の友達に言い続けていたのに、支配人みたいな人の注文を聞く態度はなってないし、料理を持って来る男性の袖はだらしなくボタンが外れていて、いつも食事につきそうになってるし、ウエイトレスの判断は悪いし・・・。折角の美味しい味も、選ばれた食材も台無しになってしまう。

やっぱし、何ごとも、教育だよなぁとつくづく感じた。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-06-18 22:09 | 出張
2007年6月11日(月)

うちのVPは、元々1993年から会社を興したいわゆるベンチャー歴では先輩。でも、年齢は学年共に全くの同じ年。何が違うかって言うと、①技術者である。②まだ結婚して日が浅い。③スイマーである。

よくSonomaの方まで出かけては、アワビを素潜りして取って来てくれる。時に、伊勢海老、時にウニと、泳ぐだけならず、漁師みたいな潜りである。

そんな同じ年の彼が、昨日、あるイベントに参加した。そのイベントとは、アルカトラスからの脱出。映画でも有名だが、海流が早く、中々簡単に脱走すら出来ないと言われたアルカトラスから泳いで、SFまで逃げてくる(?)イベントである。

800人くらいのエントリーを受けて、ひたすら流れに流されないように泳ぎ続けるというもの。まさにトライアスロン選手並みの体力である。

普段の動きからは想像も出来ない(失礼!)身のこなしで、1時間ほどで泳ぎきったらしい。「来年は参加しようよ、一緒に」と言われるものの、まずは20Kgほど痩せないと無理かな??それと、僕は1時間も泳ぎ続けれるんやろか?脱出できず又、島流しは避けたいもの。その時の彼の雄姿は以下の写真で・・・。
d0023796_1820956.jpg

d0023796_1821942.jpg

[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-06-11 18:09 | SV生活
2007年6月10日(日)

近くにGreat Americaという遊園地(テーマ・パーク)がある。家から車で20分ほどの距離だし、一度行くと、シーズンパスに変更できるので、(要は、1回でそのシーズン行きたい放題になる)少し暇な時間が出来ると、ブラッと出かける。今日も、子供3人と4人でちょっと行って来た。

その遊園地の中で、Rip Roaring Rapidsという、タイヤの様な乗り物に乗ってゆっくりと川を下ってくる乗り物がある。そもそも夏の間しかOpenしていない遊園地とはいえ、基本的に、川下りの途中にいくつかのバンプがあるので、水かさの多いところでは、間違いなく濡れてしまう。まぁ、それは、こちらも濡れるのを楽しんで乗っているので、全く問題はない。d0023796_1693684.jpg

ところが、途中多くの観衆の前を通る地点がある。そこでは、岸からたくさんの人たちが、笑いながら、そしていたずら顔で待っている。

水のバズーカー砲のようなものが用意されており、25セント入れて、その乗り物に向かって、発射するのである。ボタンを押すと、すごい量の水が吹き上がり、間違いなくタイヤの様な乗り物の上にシャワーが注がれる。はっきり言って、びちゃびちゃになるのである。

水をかける楽しみ。水をかけられる楽しみ。全く見ず知らずの人たちとの遊びである。

こうやって、みんなで楽しんでいるのである。別に水着を着てるわけでもないけど、何か水をかけられて、喜んでしまうのである。全く、これがアメリカの感覚なのだろうか・・・。

因みにさすがCalifornia。濡れても、あっと言う間に乾いてしまうのだけど・・・。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-06-10 15:52 | 私生活
2007年6月8日(金)

神戸大学で友人が教授をやっている。元々、昔働いていた会社での同僚だが、僕と違ってまじめに勉強をして、会社を辞めた後、気づいたら教授になっていた。その教授が2年ほど前、訪ねてきた事があった。

あれから2年経って、一冊の本が送られてきた。

ケースブック ビジネスモデル・シンキング 安室憲一氏、ビジネスモデル研究会編著 文眞堂

中を覗いてみると、色々な会社のビジネスもモデルが紹介されており、なんとB-Bridgeのビジネスモデルもこの本の中で紹介されており、最後には演習問題として、テストが載っていた。すごい事である。だって、我々の会社が教科書に載ったのだから・・・。

原教授の記述に感謝します。

でも、演習問題をやってみたけど、答えに自信がない・・・・へ、これでいいのか?
改めて教科書を読んで、勉強してみよう。 
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-06-08 15:40 | 仕事
2007年6月5日(火)

ダイエットを又始める事にした。と言っても、どこまで続くかの自信が全くないので、変に突っ込まないようにしてくださいね・・・。

実は、今の身長180cmに達してから、一番痩せていたのは、高校のときで65Kg程度しかなかった。75Kg程度の頃の写真が、これ。d0023796_1534869.jpg
やっぱ、痩せようと思う。何せあの頃から比べると、45Kgくらいでかくなった事になる。45Kgというと一般女性の体重分増えた事になる。お相撲さんでもないのに、これではねぇ。

次回夏場にお会いする皆さんに、「あれ、痩せました?」と言われることを目標に。昨日から腹筋運動を始めたけど、次の日に痛くはならない。何日後に痛くなるのだろうか。年なのか??
[PR]
by hiro.b-bridge | 2007-06-05 15:27 | SV生活