<   2006年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2006年6月27日(火)

台湾から成田を経由して帰ってきた。何と19時間の旅。さすがに疲れた。まぁ、それなりの出張の価値はあったと思う。思いもよらぬ会社との出会いに、今後の商売に大きな期待が持てそうであった。

戻ってきて直接会社に行って、仕事していたけどさすがに眠たく、夕方には家に戻った。そこからとにかく記憶があんまりない。

夕食に起きたら、子供達がバービー人形の話しをしていた。そこから昔リカちゃん人形と話しが出来る電話があったことを思い出して、調べたら今でもリカちゃんは元気に電話にでていた。一方的な会話の電話だけど、懐かしく思う人は、以下の電話に・・・。

東京 03-3604-2000 大阪 072-633-5566

癒されるかも???いや、そんな趣味は僕にないんだけど。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2006-06-27 22:36 | くだらん話
2006年6月26日(月) 

台湾最後の日。台湾の衛生環境に関して。って言っても難しい話しではなくて、レストランの雰囲気。台湾のDistributorの社長であるMichaelが見た目は汚いけど味の良いレストランに行こうと、連れていってくれた。以前、高級店で満足していなかった僕の逆をつく荒業なんだろうけど・・・。勿論、僕はこんなローカル店のほうが大好き。d0023796_1420788.jpg

店前の水槽から魚や貝、蟹などを選んで、好きな味付けを頼んで料理をしてもらう。味は確かにまずます。でも、そのレストランが汚い事・・・。食事をしているテーブルはベトベト。挙句の果てに、テーブルの上にもゴキブリが歩き出す始末。さすがに、途中ちょっと食欲減退。

高校生の頃、大阪の阪神百貨店の裏に丸井飯店というラーメン一杯100円、餃子も100円の店があった。大学時代にも良く通った。当時のそこのセルフの水はポンジュースの瓶に入っていて、足元が常にねちゃねちゃのそれでも3階建ての中華料理屋だった。一度ポンジュース瓶の水の中に、こおろぎの足が入っていたのを覚えている。台湾の衛生状態は、日本と比較して30年の差があるのかも・・・。

でも、又行きたくなる街で、僕は好き。ゴキブリは苦手だけど。d0023796_14312417.jpg
[PR]
by hiro.b-bridge | 2006-06-26 23:10 | 出張
2006年6月25日(日)

実は、今日会社でのパートナーが台湾に合流するはずだったのに、パスポートの有効期間があと3ヶ月を切っている事が成田空港で判明し、残念ながら参加できなくなってしまった。なもんで、今日の身内打ち合わせはキャンセルで、1日思わぬ休養日となってしまった。とにかく暑いもんで、昼間一旦外に出てみたけど、1時間半ほどで疲れて戻ってきて、結局ホテルに缶詰状態。夜8時過ぎて、さすがに腹が減ったので、台湾名物の夜市へ、一人寂しく出陣。そこには、脂っこい中華の屋台が並んでいるの何のって・・・。d0023796_3243172.jpg

思わず、日式お好み焼き、牛肉麺、特性肉まんと食べ歩き、汗をタラタラたらしながらすごい小汚い屋台をはしごしてしまった。
d0023796_3251876.jpgそれにしても、夜市の賑わいは、日本のお祭り。足裏マッサージも行って、明日からの仕事には準備万端。占い師との会話では、仕事もOKとの、頼りない日本語でのコメントをもらったし。しかし、日本を意識したマーケットである。日本がもっと商売を持ち込めると強く感じた・・。今更ながら・・。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2006-06-25 23:16 | 出張
2006年6月24日(土)

大阪も、東京もたいがい暑かったのだが、ここ台湾はもっと暑い。当たり前だけど、このシーズンに日本も含めてアジアにやってくると、Californiaに住んでいる事をつくづく有難く思う。

久しぶりの台湾、Taipei 101とかが出来て、まさしく東京のような都会の雰囲気が感じられる。中国とは違う、日本に近いセンスと工事があちらこちらで行われている30年前の日本を彷彿させる。でも、台湾の人も地震が怖くて、高いビルは結構ガラガラらしい。実際このビルの建設中に地震でクレーンが落ちて、死者も出てるらしいしね。d0023796_3112066.jpg

今回は、台湾のDistributorとの打ち合わせ。
「中華料理の大食い」 vs 「大量の汗かき」でさて、太るか痩せるか?
[PR]
by hiro.b-bridge | 2006-06-24 23:05 | 出張
2006年6月19日(月)

日本にやってきた。今回は飛行機のチケット料金の関係でJALでの旅。久しぶりのJALだったけど、やっぱ僕は個人的にANAの方が好き。スチュアーデスの人がシンガポール人で、言葉が通じない!!。日系の飛行機に乗ってんねんから、英語は話さんぞと勝手に思ってるもんで、日本語で「梅酒のソーダ割りください」って言ったら、何かわけ分からん変な色の飲み物が出てきた。で、「これ何ですか?」って聞いたら、「分かりません」って言われた。何じゃそりゃ・・・。

食事も見るからに塩分たっぷりって感じ。そしたら、スチュアーデスの人も、「塩辛くなかったですか・・・、見るからにって感じですよね」って。そんなんだすなよ。

でも、何だか何するわけでもなく、ボーっと色々考えての10時間でした。

実家で泊まってるけど、暑いこの国。階段にヤモリが出た。捕まえたら、「クーンって泣かれた」ヤモリって鳴くとは知らんかった。何か可愛そうなことをした。アーメン!
[PR]
by hiro.b-bridge | 2006-06-19 22:57 | 出張
2006年6月16日(金)

一昨日の事、付き合い先のドイツの会社のスタッフから電話が掛かってきた。「トーマスだけど。」って・・・。彼は昔の会社からの知り合いで、最近はコンタクトしてなかったけど、よく知っている奴の一人。彼曰く、「サウスキャロライナに来ていて、パスポートも財布もなくしてしまった。レンタカーを借りているけど、ガソリンも入れられない。困った・・・。」って感じの電話。

彼の上司のマイケルの家の電話番号を知らないか?と聞かれ、「今は分からない」って言いながら知っているかもしれないうちのスタッフに電話を繋いだ。その前に彼は、「マイケルにお金を送ってもらおうと思っている、無理ならHiro、お前が送ってくれないか」ってな事を言っていた。

うちのスタッフ、ポールに繋いだあと、1分ほどして、公衆電話は切れてしまったらしい。ポールも心配してマイケルのドイツの事務所にメッセージを残して、指示を仰いだ。

で、今日、マイケルからメイルが来た。

「トーマスはアメリカには行っていない!。そいつは彼らのアメリカのベンダーを騙す詐欺だ。」と・・・。ドイツはその日祝日で、マイケルに連絡が取れない事を確信しての電話だったみたい。

まぁ、言ってみればオレオレ詐欺みたいなもんで、その手に2社ほどもう引っかかっているらしい。インターネットで色んな情報を調査して、スタッフに成りすまして、優しい奴から金を搾取する最低な手口。正直言って、真剣にトーマスを心配した僕やポールはこの手の詐欺には気をつけないといけないこと改めて感じた。

電話があった後に、うちの他のスタッフにこの話しをして、頼ってくれる喜びみたいな話しをしていたけど、全く馬鹿みたい・・・。良かった、騙されなくて。ま、でもいざお金を送るとなると、そんなに優しくないから実際は送っていなかったと思うけどね。(強がり)人を信じすぎるのも??なのだろうか。

うそつきは許せない!。このメッセージ伝わるかな・・・。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2006-06-16 08:13 | 仕事
2006年6月15日(木)

最近、だんだんと誰に、何を、何処で話したか分からんようになるケースがある。まだまだ記憶力は悪くないほうだと思っているのだが、自分の会話の中に、「前言ったかもしれんけどな・・・」と切り出す事が増えてきた。実は、その言葉で相手の出方を見るのだが、相手が「???」ってな顔をすると、話しをするけど、相手が「聞きました」って感じの態度を取ってくれると、「おさらいVersion」に切り替えて話しをするようにしている。

それでも、若い人たちは、いつも「???」って顔で聞いているので、「何や、初めてか」とじっくり話しをしてしまう。昔、上司にしょっちゅう飲み屋でお話しを聞かされたあの思い出が、今自分が若い人にやっていることか、と思うと少し恥ずかしい気もする。

人から聞いた話を、さも自分のオリジナルの話しのようにしている上司がいたが、実はそのネタ、僕があげたのに・・・って事も良くあった。何せ、僕から聞いた話しを、「こういうエエ話は、ちゃんと聞いておけ」と誰から聞いたか分からなくなって、自分の言葉に多少置き換えて「盗作」を気づかずしているのである。

ここまでは記憶のレベルを下げたくないので、趣味のように、その辺の若手を捕まえて「クイズグランプリ」ゲームをよく持ちかける。スター千一夜の前にやっていた、「芸能音楽の10」とか「社会の20」と言って主題のジャンルを選べる15分間のテレビ番組である。

記憶力はトレーニングできるそうなので、益々クイズグランプリで試してみよう。

眠くて、何を書いているか分からんようになってしまった・・・。お休み。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2006-06-15 23:42
2006年6月13日(火)

相変わらず忙しい日々を送っている。忙しい時こそ、色んなメイルが来たり、色んな来客があったりと、どんどん忙しさが増す。

昼間ある知り合いに会った。彼もすごく忙しい生活を送っているようだが、忙しいと言っていても、結局他の事が出来ないから、ある時スパッと他を忘れて、違う事に没頭してみたりするらしい。僕も、まさにそれを好む。忙しさゆえに、集中力に関しては少し自信があるので、気合を入れたら、楽しい事などあっという間に出来るはず。

CDを出すといっておきながら、時間が経過し過ぎてしまった。ここは、一発気合でCD出します。7月には録音できるように何とか段どって見ることにした。

さて、楽しみが増えて、何処まで自分をストイックに出来るか。新たな挑戦である。

仕事、プライベートにやっぱ楽しくなかったら人生意味ないじゃん・・・

投資家やアライアンスの皆さん、何事にも僕は頑張りますよ。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2006-06-13 23:54 | 日記
2006年6月12日(月)

カリフォルニア時間の朝6時からワールドカップの試合をしていた。日本語の放送は残念なららないが、スペイン語の放送で見る事が出来た。

個人的には、今度のワールドカップでそんなにめちゃくちゃ盛り上がっているわけではないが、ドーハーの悲劇以来、日本チームを応援してきている。で、7時過ぎに起きて、しばらくボーっとインターネットを見ていたが、メキシコ人向けの放送があるに決まっていると思いつき、TVのチャンネルを普段見ないスペイン語放送に切り替えた。

すごい、オーストラリアに勝ってるやん!喜んで腰を落ち着けてTVを見る事にした。「いけ~」って感じで・・・。

でも、気づいたらあっという間に3点入れられて、たった10分で負けていた。

人のモチベーションや、気合ってには、本当にもろいもの。実力的にどれだけオーストラリアが勝っているか分からんけど、あんなに一気にボロボロになってしまうとは・・・。

最近、会社でしょっちゅう「チームで動こう。」と言い続けている。それには、人を信じ、人を敬う心が必要。全日本にもそれが欠けていた用にたった10分の間にして思えた。

技術より気合。そして何より信頼関係が重要である。何せ僕のFinal Strategyは、Confidence and Honestyですから。改めて感じたので、夜中を待たず今投稿している。さて、仕事しよっと。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2006-06-12 08:49 | 日記
2006年6月7日(水)

僕は英語が嫌いだ。っていうか、苦手なだけ。とは言え、話さなくてはいけない機会がたくさんあるので、英語でも、日本語でもしゃべりだしたらあまり変わらない。勿論、単語も限られてているし、表現力は乏しいけど、心から伝えようとすると何とかなるもの・・・。

そういえば、昔日本で働いていた時、上司ですごっく英語の苦手な人がいた。彼は、三つの単語だけで会話を構成してゆく。Anyway、But、Sorry、この3つである。

外国人が色々と話しかけて、質問をする。そうすると分からない場合が多い。彼の答えは、多くがSorryであった。それ以上会話を続けない。しかし、Anywayといきなり切り返し、あなたの質問はとにかく、私は○○○が言いたいと、自分の言葉で相手の質問を打ち消してしまう技も持っていたのである。

ButもAnywayと同じ用途で使う。相手の質問に不覚にも答えてしまい、そこから派生する会話が分からなかった時は、笑いながら、But・・・と言う。それで、話題を代える事が出来る。あの根性英語が懐かしくなってきた。

あ、思い出した。

ある時外国人のお客さんと駅から目的地までタクシーに乗った。電車に乗って来たので、外国人と僕の間で、「日本のラッシュは大変だ。普通皆家から1時間以上の通勤をしている。これが日本のサラリーマンの宿命。5分くらいで出勤できる人は相当のお金持ち・・・」ってな会話をしていた。しばらくの沈黙があった後、外国人は、僕の上司に「あなたはどれくらいの時間を掛けて通勤してるの?」と聞いた。上司は答えた。「About 5 minutes.」外国人は、「You must be rich」と。上司は、「Yes, but....」

後で、上司に聞くと、外国人の質問は「タクシーであとどれくらい?」って聞いたから、5分て答えたのに、You must be reach!(彼の解釈は、あなたも一緒にReachする=来るよね)って・・・

「俺も一緒のタクシーで行ってるやんけ。分からん事言いよるなぁ」と不思議そうな顔をしていた。すんげえ、会話がなりたたなかった瞬間である。

ま、そんなような失敗は皆あるはず。Coke Please.とマクドナルドで頼んだ日本人が、フォークをもらって「Thank you」と引き下がってる姿を見たこともあるし、「Where is the Map?」と聞いた日本人が、スーパーの売り子に掃除道具のモップ売り場へ連れて行かれたケースもある。

コミュニケーションはむずかしいよなぁ。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2006-06-07 23:05 | アメリカ