<   2006年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2006年3月30日(木)

会社で嬉しい事があった。出張から戻ってきて、留守を守ってくれたあるスタッフに「お疲れ様でした」メイルをもらった。そこには、僕が忙しくて、なかなか話す機会がなかったので・・・と書いてあって、わずかな昇給にも、感謝を現してくれた。

スタッフに、そんな感謝のメイルをもらうと、本当に、もっと皆でがんばろうと思う。僕は自分のためにだけ働いているのではなく、スタッフ皆のために働いているつもりなんで。

たった一言、でもその言葉ってすごく大事だと改めて感じさせられた。

メイルありがとう。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2006-03-30 23:14 | 仕事
2006年3月28日(火)

僕の持論。
「1人の人を嫌いになると、10人に嫌われる。でも、10人の人を好きになって初めて、1人の人に好きになってもらえる。」

「misanthrope」という単語を会社を作ってすぐに当時のMarketing Specialist (今はMarketing Director)に教わった。

misanthrope
人間嫌いの人,つき合い嫌いの人


全く使う事のなかった単語なので、こんな単語全く知らなかった。

うちのスタッフは、英語の達人が多いので、こんな単語は朝飯前なのかも・・。

とにかく、僕は持論を主張して、皆で仲良く、楽しく会社をやっていきたい。でも、けじめは必要。文句も言うけど、それは、皆が好きだから。

misanthropeっていう単語は、やはり僕には似合わない。
今日は、ちょっと哲学者ぶってみたが・・・・・・・。これも、似合わんか?
[PR]
by hiro.b-bridge | 2006-03-28 23:25 | 日記
2006年3月27日(月)

Officerの一人とランチに行って話しをしていた。

夢や希望、目標に向かうポジティブな姿勢を持ち続ける事が、人生最大の楽しみであると僕は思う。そんな夢や目標への話しを考えたりする時間だけでも24時間で足りないのであるから、ネガティブな事や後ろ向きな事を考える時間などないはずである。

最近の忙しさは、前向きな話に加えて、若干愚痴や問題発覚で余計な時間を取られていたように思える。皆で前向きに、目標に向かう事だけを考えて生きてゆけば、忙しくてもエキサイティングな生活が送れるはず。嫌な事なんて考えてる暇ないはず・・・。

さて、明日も何をしようかな。新しいやらなければいけない事も、一杯ある。明日も幸せな一日になるだろう・・・。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2006-03-27 23:03 | 日記
2006年3月25日(土)

2週間半の出張から戻ってきた。「長かったなぁ。」ってのが本音。

帰りの飛行機の中では爆睡してきた。さて、溜まったメイルを読む事にしよう。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2006-03-25 11:17 | 出張
2006年3月19日(日)

いやぁ、韓国と日本の野球の試合は、盛り上がった。PETCOの球場での盛り上がり以上に、個人的には楽しかった。出張中に親父と二人で、かなり興奮しましたがな。やっぱり、頑張れニッポン。バイオでも、これだけ盛り上がれるように頑張りたいものである。

ところで、今日の朝、町の医者に行って、血液検査や尿検査を受けた。

そのすごい流れに驚き! 検尿して、そのコップを「先生のところまで持ってきて」と言われて、検尿用のカップにおしっこを入れて、トイレから、その透明のコップを廊下を歩いて、先生の書類山積みの机まで持っていく。それを先生は、素手で受けて、その書類の上に置いてしまう。

その後、看護婦さんが採血してくれたけど、何となく?が残るプロセスで、検査センターのそれやアメリカでの手法とあまりに違うので、何だかびっくり。

体重計にのって計ろうとしたけど、100Kgまでしか計れない体重計で、針を振り切ってしまった。で、結局自己申告。意味ないじゃん。

ちょっとカルチャーショックを感じた検診でした。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2006-03-20 00:07 | 私生活
2006年3月18日(土)

いやはや、色んな事があった日本出張1週間であった。

昨日は、アライアンス先の大阪の試薬ディーラーさんの落成式があって、午前中から参加させてもらった。200人近くの方々からのこの業界の人が集まる盛大なパーティーもさることながら、やはり云億円を掛けた新らしいビルはすばらしい。屋上にはテニスコート兼フットサルコートまで完備されたすごいビル。あそこで働ける社員の人がうらやましい限りです。

社長、おめでとうございます。と同時に、これからもっと一緒に儲けれるよう頑張りましょう。

夜は、某メーカーの取締役の方にキタ新地へと。15年来のお付き合いをさせてもらっている方の記憶には驚愕。僕の過去の得意歌や、色んなくだらん(?)エピソードまでも記憶されており、営業マンとしてのお気遣いに感服しました。

これから新たなビジネスがご一緒できる事を楽しみにしています。

そういえば、新地で大阪場所に来ている朝青龍と会った。でっかい手で握手して、「俺もアメリカ行くし」と意気揚々であった。シャンペンの一気飲みは、さすがタニマチの世界と、お勘定ものぞき見たくなった・・。

ビジネス的にも、組織的にも、進み方にも、色々と考えて体力以上に重い一週間だったなぁ。でも、それにしてもうちのスタッフの頑張りに感謝。僕も、来週も、もっと気合いれよっと。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2006-03-18 16:41 | 出張
2006年3月13日(月)

東京は、朝から風がきつく寒い1日。でも、何処に行っても、ひとたびビルの中に入ったり、電車に乗ったりすると、やたら気温が高く、この温度差にかなり参ってしまう。

これは以前日本に住んでいるときから思っていたが、コート着て乗り込む電車の暖房を入れるのだから、もっと温度設定を下げれば良いのにと思う。スーツ着て働くなら、快適な温度設定で事務をすれば良いのに。あそこまで、暖かくしたら、そりゃ眠くもなるわ・・。

カリフォルニアに住むと、気候が良いのに加えて、何処の温度差もあまりないので、快適なんであろう。その上、どんな格好でもOKなので、生活が楽。

この辺は、相変わらず日本の苦手なところ・・・。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2006-03-13 23:25 | 出張
2006年3月12日(日)

金曜日に出張に来て、その日に一つ打ち合わせを終えて、この週末は休暇。それを利用して、渋谷に行ってきた。

3年前にNHKのど自慢のグランドチャンピオン大会に出て以来、毎年そのグランドチャンピオン大会の夜にOB会が開かれている。今年は、土曜日の晩にNHKでその会が開かれた。渋谷のカラオケボックスに40人くらいの人たちが集まって、NHKのスタッフも参加して、朝方まで歌いまくる大宴会。

たくさんのデビューを果たした歌手も来ていて、CDの交換会も開かれる。とにかく、こんな歌の上手い素人ばかり集まるカラオケボックスもなかなかない。

特に松原たけし君には、頑張って欲しい。d0023796_22442336.jpg

明日から2週間のロード。東京から、大阪、九州、中国地方、東海地方、そして東京に戻ってくるまるで相撲巡業(?)のようなスケジュール。

歌手の皆も、こんなキャンペーンをやって地方を回っている様子。僕も目的を持って、その場その場で成果を出した旅にしたいと思っている。
d0023796_22425999.jpg

[PR]
by hiro.b-bridge | 2006-03-12 22:23 | 私生活
2006年3月10日(金)

出張で日本にやってきた。全日空を利用して、もう3年以上になろうか。マイレージを使ってのUpgradeでビジネスクラスを利用してのフライトであった。とりあえず、安い金額でビジネスクラスに座ってる、「なんちゃって」クラスだけど、何せ乗ってる回数が多い為、スチュアーデスが、席までやってきて、名前が書かれたメモを見ながら、挨拶をしてくれる。でも、マニュアルに則って挨拶をするケースが多く、名前を間違っている場合が多い。今日も、いきなり、西村様と2回も呼ばれて、「何でも気づかれた事がありましたら、ご遠慮なく仰ってください。」と言われたので、「名前が間違ってますよ」と言ってやった。

そうすると、あろうことか、「私は間違っていない」って感じな顔をされて、再度座席表とシートの番号を見比べていた。「あんたは、西村に決まっている」って感じで、まだ文句ありげな対応。思わず、俺、誰だっけと悩んでしまった。

トイレに立った時、前の人が中々出てこない。新米のスッチーは、気を利かせてFirst Classsのトイレを使わせてくれようと、「こちらへどうぞ」と導いてくれた。そしたら、先輩スッチーが、「そこは、だめ」と大きく僕を阻止。その言葉にビビッた新米スッチーは、何を言うでもなく、僕を置いて、消えていってしまった。途中まで動いていた僕の立場はどうなる?何だか、気分が悪い。だって、ほったらかしにされてしまったんですよ。

とにかく、新しい機材(飛行機9が4月から新しくなる。利用させてもらいまっせ。
でも、マニュアルどおりのスッチーは、ちゃんと勉強してください。

2週間ほど、日本滞在。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2006-03-10 23:13 | 出張
2006年3月6日(月)

テレビを見ていたら、江戸うちわの職人が、感と経験で青竹を完璧に同サイズに削り、芸術的な内輪を仕上げていた。技術系の人間は、その職人技が光る場面が多い。バイオの分野でも、ピペットを持つと、恐ろしいほど完璧なピペット捌きを見せる研究者や研究補助員に出くわす事が結構ある。

スポーツを長くやっている人と対戦すると、全く勝てない。というか、ゲームをしてもらっている事すら、申し訳なく思うときがある。それは、普通のキャッチボールでも受けれない事もある。

音楽家でも、楽器を演奏する人は、すごい技を持っている。ジェイク島袋のウクレレや押尾コウタロウのギターをその目的以上の楽器にしてしまう技もすごい。昔、高校生の僕らが敬った、リッチー・ブラックモアのギターやキース・エマーソンのキーボードもすごかった。

うちの一人のOfficerのプレゼンテーションやExcelの技もすごい。

さて、社長としての僕の技は一体なんだろうか?職人技はあるのかなぁ?
[PR]
by hiro.b-bridge | 2006-03-06 23:49 | 日記