カテゴリ:私生活( 101 )

中学の頃、Bay City RolersのSaturday Nightが大流行りして、家にあったクラシックギターをもちだして、人前で演奏しながら、"S_A_T_U_R_D_A_Y NIGHT"って叫んで歌っていた。昔からどんな音楽も好きで、歌謡曲もフォークソングも外国の曲も聞いていたけど、高校の頃からは、友達の影響でプログレッシブロックにどっぷりハマったものである。

でも、それだけ聞くというのではなく、色んな曲を聞いて、自分の本当に好きな音楽を常に探していたように思える。

高校1年の時、その音を見つけた。それが、HOLD THE LINEでデビューを飾った、元スタジオミュージシャンの集まり、TOTOであった。

その頃から、追っかけのようにTOTOのコンサートにも行くし、アルバムが出ると全部買って、大学の頃のバンドでもTOTOのコピーをいつもやっていた。

その頃からの夢が、家のでっかいTVでTOTOのVideoを見て、一緒に歌うことであった。

その夢は、今日突然やってきた。

60型のTVを置いたので、息子と二人で、念願のTOTO 自宅LIVE(?)を観戦した。ついでのBOSEのスピーカーも置いたので音も最高である。

なんだか、とっても感動して、色々な昔の事や、今起きている現実を考えて、一生懸命TOTOを聞いていると、涙が一杯でてきた。

息子に、曲が変わるたび、解説していた。

気づいたら付き合ってくれた子供は寝てたけど・・・

時に、昔を思い出すことは必要。そして、色々なことに感謝の気持ちを感じながら、自分の成長を見つめれたいい時間であった。

変な奴かもしれないが、TOTOは僕にその気持を思い起こさせてくれた。

便器じゃないですよ、アメリカのバンドです。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2010-11-13 23:28 | 私生活
僕には、悪い癖がある。

突然思いついて、何かの行動を起こす癖である。

衝動的に何かを買ったり、思いついたら突然旅行したり。食べたいものは、どうしても食べたくなったり。

急に、スクワットをやりたくなって、高校生の息子に付き合ってもらってスクワット100回やった。音楽を聴きながらやったら、簡単にできるという、子供の言葉も僕をその道に誘った。

50回くらいやったころから、すごく苦しくて、でも、どこかに「昔は200回くらいやってたやん」という変なプライドが邪魔をして、無理して続ける。

80回くらいからは休まないと続かなくなるが、息子は淡々と続けているので、意地がある。

100回を終えた時には、達成感を感じて、非常にうれしかったが、足がしびれる感覚でまともに歩けない。

2日経った今、太ももがパンパンで階段を降りれないどころか、ベッドからも起き上がれない、

むちゃしたあかんと、また反省する。

結局1日で、続かない無駄なこと。

もっと、計画をもって進めないとね。何事も・・・
[PR]
by hiro.b-bridge | 2010-11-09 16:22 | 私生活
この前、時間が経つのが早いって書いてたけど、そのあとまたちょっとblogの事を考えなかったら、時間が経っていた。

普段、色んな事を考えていると、やはり少しはボーっと知る時間が必要という言い訳を元に、週末は天気も悪かったので、本当にボーっとしようと思うと、この時こそと、引っ越して3カ月以上経つのに片づけていなかったガレージの整理をし始めた。結局オープナーを変えたり、棚を付けたりしていると、7時間もガレージに閉じこもっていたことになる。

昼間から夜遅くまで、皆は寒いと感じる中、僕は上半身裸で、トンガ王国からやってきた不器用なハンディーみたいに、色々と考えながら、ガレージオープナーを付けてみた。一人で持てると思って、重いものを持ってみたものの、予想以上に重く、途中、家にいた子供や嫁を大声で呼ぶ。自身がパニくっているからか、上手く状況を説明できない為、指示も的確でなく、「お父さん、何がして欲しいん?」と言われる始末。

でも、こんな週末、本当に久しぶりで、仕事以外に頭を使う時間があることを少し嬉しく思った。

ボーっとしすぎると、会社に来る道を間違ったり(ちょっと、やばい?)、頭を剃るという毎日に作業の中で、出血してしまったり(ほとんど、格闘後のプロレスラー)、ちゃんと脳を使わなければならないと思う。
d0023796_034397.jpg


ということで、今週も1週間、ボーっとすることなく、溜まっている仕事をこなすのと、新たなアイデア構築を行ってゆきま~す。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2010-10-25 00:21 | 私生活
2010年4月7日(水)

3月は卒業のシーズン、4月は入学のシーズン。うちの子供も高校入学と卒業があって、忙しいシーズン真っ盛り。そんな中、駐在員の人たちのもっとも動くシーズンでもある。

一番仲良くさせてもらっている方も、この4月で帰任。
先日、送別会を開いてみたものの、なんだかとっても寂しくて、年甲斐も無く涙が止まらなくて・・・

人との繋がりって、本当に大切ですよね。

仲良しでもけじめをつけて、相手の立場を考えて語り合えると、又そうやって付き合ってくれると、互いをRepectしながら付き合えるので、すごく気持ちの良い付き合いが出来るもんです。

これって、学生時代からの友人とは違った、大人の友達づきあいっていうか、真の友人になれる感じがして、気持ちいです。だからこそ、寂しいのかな。

でも、距離があっても死ぬまで友人でいれるように思います。

持つべきものは、友ですよね。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2010-04-07 23:35 | 私生活
2010年2月21日(日)

岡田斗司夫の本を読んだ。

タイトルは「いつまでもデブと思うなよ」

楽しいダイエットを行うと、1年で作者のように50Kgも痩せれる。リバウンドも無い。というもの。

簡単に言うと、何を食べたかを完璧に記録することを行う、所謂メモリーダイエット。

実際始めてみた。

もともとExcel好きの僕としては、食べたものを書き留めていくのはどちらかというと楽しいかも。

とにかく、この作者は117Kgから67Kgまで1年間で楽しく痩せたという。
48才
無理は何もしていない

とにかく、楽しむダイエットは、考え方なんだと・・・
何日か前から、記録を始めた。1週間ほど続いたら、もっと詳しい報告をしますので、お楽しみに!
[PR]
by hiro.b-bridge | 2010-02-21 23:59 | 私生活
2010年2月19日(金)

明日の日本語補習校で試験があるという娘から昼間電話がかかってきた。

「パパ、何時に帰ってくる?」

「今日はお客さん一緒で、ちょっと遅くなるけど、10時ごろかな?」と答えた。

「ほんなら、それからでもいいから社会教えて」

帰宅すると、子供達が集まって、珍しく勉強していた。

色々覚えている様子で、質問すると、それなりの答えも返ってくる。

「それは、応仁の乱。」「日本のお金は明銭。」などと・・・

でも、ヘキサゴン並みの珍回答も続出。基本的には丸覚えですから、少し間違うとこれが余計に面白い。


「能を流行らせたのは?」

「ゼニータ兄弟?」

誰やそれは?って思ったら、観阿弥・世阿弥親子のこと。メキシコの覆面レスラーか?




そういえば、この娘が6歳くらいの頃、「愛する人たちが指輪を交換して・・・指輪には刻印が彫られる。」

「さて、なんて書かれているでしょう、パパとママの指輪には?」って質問をしたら、

娘の回答は、

分かった、

Made in China!!!

ちゃうやろ!

この流れの中で、さて明日のテストどこまで出来るのだろうか?
[PR]
by hiro.b-bridge | 2010-02-19 16:47 | 私生活
2010年2月15日(月)

昨日からOrlandoにやってきました。出張ではよく来てた町だが、以外にも遊びに来たのは初めて。

でも僕らベンチャーをやっている人の習性なのか、遊びの中でも「こんなことできないか?」とか「これはやめたほうが良い」というように、見るものや感じるもので、ビジネスに絡めて考えてしまう。

まぁ、ベンチャーやってたら当然かもしれないけど、いつからこんなものの見方に変わったのだろうか・・・

興味があると、それを調べる。調べるとさらに興味がわく。そこで、もっと知ろうとする。こんなビジネスの好循環がいわゆるマーケティングなんであろう。

でも、それにしてもディズニーさんてすごい人やったんやと・・・

改めてベンチャーの大先輩に敬意を払いながら、お金も一杯払ってきました??
d0023796_16452314.jpg

[PR]
by hiro.b-bridge | 2010-02-15 16:36 | 私生活
2010年2月4日(木)

突然ですが、受験してきました。はい、大学受験です。

何かひょんなことから、修士課程、博士課程に進むことになったけど、自分に対する試練なのか、気合なのか・・・

そもそもアメリカに来るとき、その時の上司に「アメリカでMBAでも取りたい」って言ったことを思いだした。でも、そんな中で、たくさんのMBA取得者にもあってきた。勿論、その努力たるやすごい。自分ではなかなか真似る事のできるものではなった。でも、逆に自分はビジネスを通じて、現場で色々と学ぶことができた。

でも、なかなか自分にストイックになれないでいる状況だったので、今後の仕事にも通ずる工学部での博士課程への道を選びました。

まだ、合格発表があったわけではないけど、もし受かったら、自分の為に、そして会社の為にガ頑張ってみようと誓ってます!!

「証拠を見せろ?」って、はいここれが受験票
d0023796_16392798.jpg

そうじゃない?

まぁ、まぁ数年後に報告しますよ
[PR]
by hiro.b-bridge | 2010-02-04 23:56 | 私生活
2010年2月1日(月)

早くも今年も1/12が終わった。朝から神戸に行って打ち合わせして、その後15年前に辞めた会社にオフィシャルに訪問するのは7-8年ぶりに行ってきた。同期が部長や工場長になっていたり、昔お世話になっていた方が亡くなったという話を聞いたり、当時の新入社員が15年選手になっている姿に驚いたり、そして、昔本当にお世話になった方にお目にかかったり・・・いやぁ、なんだか懐かしかった。

その後、昨年Project科目で一緒に学んだ同志社の学生達と一緒に食事をしてきた。
就活中の今年大学4回生になる5人との会食なんやけど、気づいたら先週の僕の誕生日を突然祝ってくれた。花火のケーキは出てくるは、みんながプレゼント用意してくれているは、なんか泣きそうになる演出で、「やられました!」

青嗣からは、同志社のロゴ入りゴルフボールセットを。
このせいじは、独特なキャラでなんとなく讃岐の香りのする僕にとっての「いい奴」
d0023796_110719.jpg


としよは、いつもこのグループのリーダー的存在。その一生懸命生きている姿が美しい奴
歴史を書けと言わんばかりに、和紙のおしゃれなノートとかわいい赤ちゃんのノートをもらった。
d0023796_1122342.jpg


のぶは、お茶目な将来ちょい悪親父候補No1
のりがシモネタ系だけど、自分の若い頃の乗りに似てて憎めない奴
ヘッドスパのパック剤をくれました。
d0023796_1165510.jpg


このProject科目を通じて付き合いはじめたえりかと深谷僚一からは小顔つくりセットと男のシャンプーをもらった。全身洗えるシャンプーはまさに僕の入浴にはもってこい。だって、基本的にシャンプーはいりませんから。この僚一は、授業のときから凄く冷めた感じのイケメン君だったけど、必死で努力する姿や、場慣れしたプレゼンテーションは、同志社のレベルを高く感じさせる。ちょっと天然系っぽいけど、実はしっかりしているエリカとのコンビは、まさにお似合い!

小顔キットはいかにも、憧れのイケメンになるための第一歩、小さい顔に引き締めるGoods。で、早速つけてみました。



なんてことは無い。


でっかい顔には、似合わんぞ!


d0023796_1242317.jpg  
d0023796_1556743.jpg
これでは、銀行強盗もできんわ!
[PR]
by hiro.b-bridge | 2010-02-01 23:53 | 私生活
2010年1月31日(日)

大阪の親友家族からそこの息子達の通う高校の吹奏楽部の定期演奏会があるからと招待を受けた。d0023796_1581743.jpg

息子達のマーチンバンドのシーズンも終わったので、ちょっと久しぶりの吹奏楽だったけど、いやぁ、感動しました。コンサートバンドとして、プロのトランペットカルテットの演奏力、ホール内でのマーチング、それと演歌を聞かせるなどのさまざまな企画。

そんな中、何よりも感動したのは、親子の深い関係。みんな親子で抱き合って、写真撮って、みんなで一つになって子供達を応援して、そしてその応援に一生懸命答える子供達の態度。

素晴らしい学校だなぁと感激して、高校になったらもう親なんて関係ないと言うような子供が多いと思っていたら、まだ日本にもこんなAt Homeな雰囲気の学校があったんだと、少し驚いた。

やっぱり、チームで一生懸命努力する姿は、美しいねぇ。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2010-01-31 23:58 | 私生活