安心感って

2009年6月7日(日)

アメリカに住んでもうじき丸13年が過ぎようとしている。長男が3歳の時に来たわけで、そりゃでかくもえらそうにもなるはずですなぁ。コアな家族を除くと、親兄弟、親戚みんな日本に住んでいるので、心はつながっているし、思いも人一倍あるので、意識的に遠いと思ったことはあまりないけど、何か「いざ」って時に助け合えるのは、近所の人たちはや友人なのかと・・・

仲のよい、しょっちゅう一緒にいる仲間がいて、ここのグループの人たちは、ほとんど家族みたいな付き合いをしているかなぁ。今日も、そこのある子供が泊まりに来るし、その家族でイベントがあると、優先的に参加したくなる。

もう一軒、うちの家の前に住んでいる日本人家族がいて、この家族のみんながすごく素敵!ご夫婦は僕と同じ年だし、子供の年齢も近いし・・・昨日も、何かと口実をつけて夜にあがりこんで、酒飲んでました。

でも、その家族も8月には日本に帰任してしまう。

親戚が近所からいなくなるようで、何かすごく寂しくて・・・

人は、人に助けられて生きている。

人は人に思われて幸福を掴む。

人は人を恨むと、不幸を掴む。

家族でも、友達でも、会社でも、付き合い先でも、みんな信じあって楽しい人生を歩むサポートをし合っているのであろうに・・・

やると約束したこと、時間がかかっても、必ずやるようにしなくては・・・

信頼をすると、信頼され、そこから安心感が生まれて、人生にゆとりができるんだろうなぁと。

なんとなく、思ったもので。

あ、そういえば、いつも最近Blogを開けると、卑猥なコメントが張ってあって、SEOに使われている。なんだか、人の家に土足で入ってきて乱していくような行為はやめてもらいたいもんだなぁ。と。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2009-06-07 13:47 | SV生活