トイレで握手は・・・

2009年1月12日(月)

誰しもがご存知の通り、アメリカの正式な挨拶の仕方は、握手をすることである。

Hello, How are you?/Nice to meet you.といって、握手をする。

よく戸惑う光景を見るのが、日本の風習である名刺交換の儀式。日本ではまずこれを重んじる。というのも、握手をするかわりのようなものだから。日本人の人と、アメリカ人が初めて会う時にこの握手と名刺交換をどの順番に行なうかで悩んでしまう人も少なくない。握手を差し出すアメリカ人の手に名刺を渡す日本人を見たことがある。

まぁ、慣れれば握手を交わし、名刺を渡すという流れで行なえば良いということがわかるのだろうが・・・。

実は、これに加えて抱き合う(ハグする)という挨拶が加わってくると、もっとややこしくなる。ヨーロッパ人は挨拶にハグをすることが多い。従って、面識のあるヨーロッパ人とアメリカ人の間に初めての日本人が入ると、何をどうして良いか分からないで、How do you do?といってアメリカ人を抱きつく日本人おっさんを見ることがあった。これもどうかと思う・・・

さすがに、僕はInternationalな経験を20年位はやっているので、この辺のとっさの切り替えは随分上手くなってきたと思われる。

しかし・・・

新年明けた今日、会社のトイレであるアメリカ人と久しぶりに会った。当然握手をするのだが、何せこちらは用を終えたところ。向こうはトイレに入ってきたばかりのところ。

一瞬手を出したお互いが、気まずい雰囲気でそれぞれ手を引っ込めた。

確かに、チャックを上げた瞬間の人とは握手したくないよね。勿論ハグも嫌かな・・・。

ちょっと、恥ずかしい一瞬であった。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2009-01-12 01:13 | アメリカ