漢字Tシャツ

2006年7月13日(木)

アメリカに住んで11年目が過ぎた。日本によく出張するので、日本から何か郵送で送られてくるということはあまり経験ないのだが、今日、日本の友達(で、いいですよね・・・)から宅急便が届いた。中には「鮭」と背中に大きくプリントされたTシャツが入っていた。
d0023796_15374324.jpg

実は、何ヶ月か前に内輪でBBQをやっていた時、BM社のS社長がこのTシャツを着ていた。これは良いと騒いで、彼に聞いたところ「築地で売っている。」と言う。さっそく友達の会社が築地に移転した事もあって、何の気なしにこのTシャツを探しているといったら、その友達が、場内へ入り込んでわざわざ送ってくれた。何とも感激!しかも、日本のLLサイズは、アメリカのLサイズ並みで普段小さくて着れないのだが、さすが築地。外国人も多いのか、アメリカのサイズと変わらん。無事に着れた。又感激。

実は、アメリカでも、漢字Tシャツや帽子が結構流行っている。昔シアトルに行った時、向こうから歩いてくるおじさんが被っている帽子には、大きく、「足」と書かれていた。何じゃそりゃ?って感じで他を見渡したら、「舟」とか「肉」とか「魚」とか、色々変なプリントを見つけた。意味が分からず着ている外国人が多いのだろうが、これらの漢字の格好もそんなに素敵なわけではないのに・・・。

まぁ、こっちの人はいい加減なケースが多い。近くのカーディーラーの営業マンの腕には、訳の分からんタトゥー。どうにもカタカナっぽかったので、本人に聞くと、彼女の名前をカタカナで彫ったとの事。クリスと書くべきところが、幼稚園児のカタカナを覚えたてのような字で、「タニス」と書いてあった。刺青彫る時くらい、真剣に調べて欲しいもの。

そういえば、昔サンフランシスコの空港に、縦書きで、「う と い ん」と看板が出ていた。何のことかと中を覗くと、うどん屋である。そうです、との横の濁点がいつの間にか、「い」という字に化けて、「うといん」となって印刷されていたわけ。誤植もここまでいくとアメリカらしい。いずれにしても、鮭Tシャツは気に入りました。Hさん、Kさん、ありがとう。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2006-07-13 23:21 | アメリカ