工事、真っ盛り

2006年5月15日(月)

昨日、新しい事務所の工事状況を見に行ってきた。オフィスに新しい壁を立てて、自分の部屋を作ったり、ラボだったスペースを改装して新たな事務所にしたりとなかなか簡単そうで大変な作業が続いている。5月26日には引越しをするのだけれど、今のままで一体間に合うのだろうか?今回は、日本人のしっかりした設計担当や現場を見てくれる人がいてはるので、結構安心しているけど、普段アメリカ人のコントラクターだけだと、その仕事っぷりには不安が残る。仕事が雑とか言うのではなく、とにかく時間通りにやってこないというところから信用がない・・・。
d0023796_1658852.jpg

d0023796_1659384.jpg 別にアメリカ人を悪く言う気は全くないけど、基本的な考え方の違いなんだよなぁ。引越しも、近いので、担当のスタッフも僕も、ちょっとイライラモードに突入してきたけど、新しい居を構えるに当たって、乗り越えなければならない苦労なんやろな・・ 

会社っちゅう所は、良いこと悪い事が色々と生み出される。そんなもん、24時間の間に、お日さんが昇ったり、月がでたり、雨が降ったりする事と比べれば、会社運営の変化の度合いは生活そのものよりもスローなわけだから、どーってことないはず。でも、人為的なストレスは、地球の環境破壊と同じくらいじわじわと効いてくる。みんな、他の人の事を考えて、頑張ってゆこうぜ。

工事のスタッフにはこの気持ち伝わらないのかも知れないけど・・・。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2006-05-15 23:52 | アメリカ