In Lock には気をつけよう

2005年10月22日(土)

結局今朝方4時半ごろまで阪神戦をインターネットで観戦(?)していたけど、惨憺たる結果。午前中をつぶしてまでも、応援していた甲斐がまったくない試合だった。午後からは、中学生の息子の授業参観に行って来た。日本だと、中学生の授業参観に父親が行くと、結構子供に嫌われると聞くが、何せアメリカでは毎日息子の送り迎えを親がやるので、親と子供のつながりが日本より近いように思える。息子に。「お父さん行くで~」って行ったら、普通に「はーい」って感じであった。先生が自分たちよりも年下なのは、いまさらの話ではないが、授業中は、みなが真剣に勉強していたのは、いささか驚きである。

その後、フラフラしていたが、友達から面白い話を聞いた。シリコンバレーから3時間近く南に走るとシカモア温泉というのがある。まさに日本の温泉と一緒で、素っ裸で入れる、効能抜群の温泉である。実は各部屋にバルコニーがついており、そこに露天風呂がある。しかも温泉かつジャグジー。友人夫婦は、その温泉に宿泊をし、何度も露天風呂を夫婦で楽しんでいたらしい。僕も何度も行ったが、とにかくアメリカにいながら日本の温泉を経験できる数少ない所だから、極端な話は、1日中、バスタオル1枚で過ごし、温泉をエンジョイできる。しかも、完全なプライベート空間。人の目を気にする事もない。d0023796_14181085.jpg

友人夫婦は、あまりにくつろぎ過ぎたのかもしれない。ちょっとした瞬間にバルコニーと宿泊施設の間の扉が「バタン」としまってしまい、外に二人放り出された格好になってしまった。勿論、素っ裸。タオルもなければ、着替えもない。あるのは、二人の雪駄のみ。しばらく悩んだ夫婦は、仕方なく旦那の方が、勇気を出してフロントまで鍵をもらいに行く事にした。雪駄で○○を隠していくにはゆかず、最初に目に付いたのは、ゴミ箱。たてに持つべきか、横に持つべきか悩みながら、その格好で一度外に出てみた。さすがに、身動きが取れず、すごく分厚いゴム製の足拭きマットを抱え、近くにいる人のところまで行って、結果助けてもらえたらしい。

しかし、温泉場で暖まった体からは一気に冷や汗が吹き出たに違いない。聞いた話とは言え、くつろぎ過ぎには要注意。
[PR]
by hiro.b-bridge | 2005-10-22 13:54 | くだらん話